2020/06,江端さんの忘備録

我が家のリビングとキッチンの間には仕切りがあります。

There is a partition between the living room and the kitchen in our house.

その壁に空けられた大きな窓から食事を渡すような形になっていますので、リビングとキッチンの間では会話がしにくいです。

The large window in the wall is designed to pass food through, so it is difficult to have a conversation between the living room and the kitchen.

リビングの奥の方にあるテレビからキッチンのシンクまでは5メートルくらいはあり、キッチンで料理をしている時や、洗い片付けをしている時には、テレビの映像は見えても、音声が聞こえません。

The distance from the TV at the back of the living room to the kitchen sink is about 5 meters, so when I'm cooking in the kitchen or washing up, I can see the TV, but not hear the audio.

キッチンで、テレビの音声を聞くためには、最大音量の状況にしなければなりませんが、当然、これはリビングではうるさ過ぎますし、近所迷惑にもなります。

In the kitchen, in order to hear the sound of the TV, I have to be in a maximum volume situation, but of course, this is too loud in the living room and can be a nuisance to the neighbors.

そこで、我が家では、FMトランスミッタを使って、テレビの音をFMラジオに飛しています。

So, we use an FM transmitter to broadcast the TV sound to the FM radio.

----- 我が家では、非常にコスパなFMトランスミッタTR-10RDXを、10年以上も愛用しています。

In our house, we have been using the very affordable FM transmitter TR-10RDX for more than 10 years.

一方、その間、FMラジオは何台も壊れ続けました。

In the meantime, several FM radios kept breaking down.

やはりシンクのような水場で、水に濡れた手でラジオを操作するのは良くなかったようです。

It was not a good idea to operate the radio with wet hands in a watering hole like a sink.

最近、第4世代のラジオとして「豊作ラジオ」を購入しました。

I recently purchased "Bountiful Harvest Radio" as my fourth generation radio.

「壊れにくい」と「ステレオ音源不要。モノラル音源で十分」と、割り切りました。

It is "hard to break" and "No stereo sound source is required. The monaural sound source is enough".

AC電源が使えず電池を使わなければならないのですが、ラジオをどこにでもラクに移動できるようになり(リビングのテーブルの上など)、逆に便利になりました。

Although I can't use AC power and have to use batteries, I can move the radio easily anywhere (such as on the table in the living room) and it has become convenient.

電池であっても、半年以上は軽く持つようです。

Even with batteries, it seems to last a light six months or more.

-----

私は、ソファで落ちついてテレビを見るというのが苦手、というか「嫌い」です。

I don't like, or rather "hate", sitting on the couch and watching TV.

リソースを無駄使いをしているような気分になるからです。

Because it feels like I waste my resources.

私にとっては、調理したり、食器を洗いながら見るNスペ(NHKスペシャル)が、一番楽しいです。

For me, I enjoy watching N-Spe (NHK special) the most while cooking and washing dishes.

こうして、"TR-10RDX"と、"豊作ラジオ"で、テレビを見ながらの、快適な料理&洗い場作業を楽しんでいました。

Thus, I was enjoying comfortable cooking and washing work while watching TV with "TR-10RDX" and "Harvest Radio".

-----

ところが、先日、嫁さんから、「ラジオから音が聞こえない」と言われました。

However, the other day, my wife told me that she couldn't hear any sound from the radio.

私は、全ての作業を中止して、早速対策に乗り出しました。

I stopped all the work and started to take immediate measures.

私にとって、「テレビの音声がラジオから出てこない」ことは、「インターネット」や「江端家LAN」の通信障害と同程度の重要な事件だったからです。

For me, the "no TV sound from the radio" was as important an incident as the "Internet" or "Ebata family LAN" communication failure.

(続く)

(To be continued)

彡貴重品 FMワイヤレスマイク内蔵型 FMトランスミッター Telstar TR ...

2020/06,江端さんの忘備録

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「孫子の兵法」でいうところの「敵を知る」ということは ――

In Sun Tzu's Art of War, "knowing the enemy" means...

■ウイルスというものを勉強して、その汎用的な性質を見極め、COVID-19に特有な性質を理解し

Learn about viruses, identify their general properties, and understand the properties specific to COVID-19.

■感染のメカニズムを理解した上で、専門家の数理理論に取り組み

Understand the mechanism of infection and tackle the mathematical theories of experts

■ワクチンの製造プロセスを調べる

Examine the process of making a vaccine

に決まっています。

もちろん、それぞれの人には、それぞれのバックグラウンドがありますが、どんなバックグランドであれ、上記の努力をすることが、「敵を知る」ことの妨げになるとは思えません。

Of course, each person has his or her own background, but I don't think the above efforts, whatever their background, will prevent them from "knowing their enemy".

私だって、感染学や、薬学、その他、沢山のことに対して素人ですが、素人なりに、一生懸命勉強をしています。

I am an amateur in infectious diseases, pharmacy, and many other things, but I am studying hard as an amateur.

そして、自分なりの理解であっても、他の人に開示して、それが、運よくそれが誰かの助けになればいいな、と思っています。

And even if it's my own understanding, I'm going to disclose it to others and hopefully that will help someone else if they're lucky enough to do so.

すくなくとも、このブログの執筆者より、私の方が真面目に「孫子の兵法」を実践していると思います。

At least, I think I'm more serious about practicing "Sun Tzu's Art of War" than the writer of this blog.

-----

「国民や政府がどうあるべきか」などと、高みから批判している暇があるなら、

If he/she have time to criticize the people and the government, looking from the top.

拙くても、専門外であっても、1mmでも1秒でもこの災禍について正面から勉強をして、その結果を自分の行動や、他の人の助けになるべく努めることこそが、「孫子の教え」の本質ではないのか

The essence of "Sun Tzu's teachings are that even if they're not good at it, even if they're out of your field, they study this disaster head-on, even for a millimeter or a second, and strive to help others, aren't it?

と、私には思えてしまうのです。

I think that.

まあ、「専門的なことは、専門家が担うべきだ」「政治のことは、政治家が担うべきだ」というのであれば、まあ、それはそれで、私がとやかく言うことではありません。

Well, if they're saying, "the experts should be in charge of the technicalities" or "the politicians should be in charge of the politics", well, it's not up to me to say.

ただ、私は、そちらには与(くみ)しません。

But I'm not going to participate in that.

2020/06,江端さんの忘備録

私、「孫子の兵法」という本、いくつかの翻訳書や解説書で何度か読みました。

I've read the book "Sun Tzu's Art of War" several times in several translations and commentaries.

―― つまり原文は読んでいない、ということです。

"I mean, I haven't read the original text."

抜ける手があるなら、その手を尽す、というのが私のモットーです。

My motto is that I'm willing to make the effort to cut corners.

それはさておき。

Aside from that.

「孫子の兵法」は、色々と学ぶべきことが多い本ですが、それを、仕事や人生に活用しよう、などということは考えたことがありません。

Sun Tzu's Art of War is a book with a lot to learn, but I've never thought of applying it to my work or my life.

何故か。

Why?

この本、徹底的に「経営者視点」だから。

Because this book, thoroughly "management perspective".

下っ端を、徹頭徹尾「道具」として取り扱い、その「道具」に示す愛情すらも勝つための戦略の一つである、という割り切りが、不愉快です。

The book treats our underlings as "tools" all the way through, and even the love they show for that "tool" is one of your winning strategies. I am uncomfortable with the ideas.

特に、「兵士を窮地に陥れて、その力を最大限発揮させよ」という下りは、とてもムカつきます。

In particular, the phrase "put the soldiers in a corner and let them use their strength to the best of his ability" pisses me off.

-----

「孫子の兵法」を引用して、新型コロナ対策を論じているブログとか見ると、笑ってしまいます ―― 大爆笑です。

When I see a blog or something like that, quoting "Sun Tzu's Art of War" and discussing new corona countermeasures, I laugh -- it's a huge laugh.

『彼を知り己を知らば、百戦殆うからず。彼を知らずして己を知らば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆うし』

"If you know your enemies and allies well, you'll have little to worry about breaking into any battle"

を引用して、国民や政府がどうあるべきか、を、偉そうに語っています。

He quotes this phrase and talks about how the people and the government should be, arrogantly.

「本当におめでたい」と思っています。

I think that "he is really happy".

(続く)

(To be continued)

2020/06,江端さんの忘備録

緊急事態宣言の解除によって、夜の繁華街にも客が戻っているようです、

With the lifting of the state of emergency, customers seem to be returning to the downtown area at night, too

しかし、それに伴い、新型コロナウイルスの感染者も増える兆しを見せています。

However, along with this, there are signs that the number of people infected with the new coronavirus is increasing.

-----

私は別に「男性の世論の代表者」という訳ではありません。

I am not a "representative of male public opinion" separately.

「そんなに、夜の歓楽街で遊びたいものなの?」

"Do men really want to play in the downtown at night?"

と、家族が私に問うてくるのですが ―― 私に尋ねるな、と言いたい。

My family questions me, however I want to tell them not to ask me.

この件に関して、私は「男性の世論の代表者」の適格がないのです。

I do not qualify as a "representative of the male public opinion" on this subject.

2020/06,江端さんの忘備録

「JIN -仁」―― これが、我が国、屈指の名作テレビドラマであることに、異義を唱える人は少ないでしょう。

Many people would agree that "JIN" is one of Japan's greatest TV dramas.

本シリーズで貫かれている基本コンセプトは、このフレーズに集約されるでしょう。

The basic concept that runs through this series can be summed up in this phrase.

「神は乗り越えられる試練しか与えない」

"God only gives us trials that we can overcome"

人間の技術への飽くなき可能性を問い、人間の可能性と人間愛を描く、感動ドラマといっても過言ではないでしょう。

It is no exaggeration to say that this is a moving drama that shows the insatiable potential of human technology and depicts the potential of human beings and human love.

-----

これらを全て踏まえ上で、私の技術への適当な可能性とこだわり、ささいな可能性と、絶無に等しい人間愛しか持ちえない、私、江端から、一言申し上げたい。

Based on the background, with reasonable potential and commitment to technology, a trivial human being, almost nothing love, I, Ebata, would like to say a few words.

「神は乗り越えられる試練しか与えない」ではなく、

NOT "God only gives us trials that we can overcome"

「神なら、私に試練を与えるな」―― と。

BUT "If you're God, don't give me a trial"

ぬるま湯のような人生を、これといった野望もなく、ボンヤリと生きたいだけの私にとって、

I've had a lukewarm life, I had no ambitions and I just want to live my life easily.

"JIN"は、ただの「憧れの人」であれば良いのです。

"JIN" should just be a "person of admiration" for me.

2020/05,江端さんの忘備録

PostgreSQLのDockerを作っていて、ようやくその「ラクさ」に気がつきました。

I've been building Docker for PostgreSQL and finally realized how easy it is.

それは「環境汚染から逃げられる」という一言につきます。

It can be summed up in one word: "I can get away with environmental pollution.

例えば、違うバージョンのPostgreSQLサーバを、1つのPCにインストールすることはできません。

For example, a different version of the PostgreSQL server cannot be installed on a single PC.

もちろんできない訳ではないのですが、大抵の場合、面倒な設定の衝突が発生し、どちらのサーバにも問題が発生します。

Of course, I can do it. In most cases, troublesome configuration conflicts occur, causing problems for both servers.

両方のPostgreSQLサーバをDockerで作っておいて、必要な時に必要な方だけを立ち上げれば、この問題が発生しません。

If I keep both PostgreSQL servers in Docker and only start up the one I need when I need it, I won't have this problem.

(まあ、正直に言えば、Docker自体、ホストOS(特にWindows)の上で変な動きをすることもあるので、世間で言うように、諸手を上げて「凄い」とまでは言えないのですが)

Well, to be honest, Docker itself can run weirdly on host OSes (especially Windows), so I can't say that it's "great" with all my hands, as people say....

-----

Dockerとは、要するに

Docker is, in short,

―― 別々のマンションに囲っておき、気が向いた時だけに尋ねることができる愛人

"a mistress you can keep enclosed in a separate condo and ask only when you feel like it"

この一言に尽きます。

I can sum it up in one word.

―― しかも、その愛人とマンションのコストが、恐しく安い

"What's more, the cost of the condo with the mistress is frighteningly cheap."

なぜ、多くの人は、この表現を用いてDockerを語らないのか、私には分かりません。

I don't know why so many people don't use this expression to talk about Docker.

-----

自分の品性が疑われるからかなぁ。

It may be because my character is questioned.

しかし、私のような「高潔な人物」でも思いつくメタファーなんですけどね。

However, it's a metaphor that even a " noble person " like me can come up with.

2020/05,江端さんの忘備録

我が家には、1Gの光ネットワークが敷設されています。

We have a 1G optical network in our house.

これまで、帯域の問題などは発生したことはなかったのですが、最近、しばしばネットワークが不調となることとがあります。

I have never had any bandwidth issues, but recently I have been experiencing frequent network malfunctions.

まあ、私が会社のリモート会議をして、嫁さんがAmazon PRIMEを見て、次女がリモート授業を受けて、長女が企業面接をやっている ――

Well, I'm doing corporate remote meetings, my wife is watching Amazon PRIME, my second daughter is taking remote classes, and my senior daughter is doing corporate interviews --

そんな状況が、同時に発生することになれば、スループットに問題が発生するだろうとは思います。

I think that if such a situation is to occur at the same time, there would be throughput problems.

-----

一方、ここにきて、「私(江端)の『無線は信用ならん』」のポリシーが上手く回っているように思います。

On the other hand, it seems that my (Ebata's) policy of "I don't trust radio" is working well here.

なにしろ、我が家は、自宅を建てた時に敷設した100Mイーサのネットワークがベースですし、その他、外壁や、庭の土の中にも、イーサネットが張り巡らされています。

After all, our house is based on the 100M Ethernet network that I installed when I built our house. There are also other Ethernet lines on the exterior walls and in the soil of the garden.

企業面接では、長女は、ノートPCに有線LANを接続しているようです。

In the company interview, my senior daughter seems to have a wired LAN connection to her laptop.

WiFiは通信品質の変動が激しいです。

WiFi is prone to fluctuating communication quality.

企業面接の途中で、通信リンクが切れたらシャレになりません。

It's no joke if she lose her communication link during the company interview.

-----

それにしても、『我が家のリビングで、就職面接が行なわれる時代がやって来ようとは』 ―― 誰が予想できたでしょうか。

By the way, who would have guessed that the era of job interviews in our living room would be coming ?

エンジニア、投資家、コンサル、ベンチャーの社長、政治家、人工知能(とか言う何かよく分からないもの)、誰も予想できなかった未来です。

It's a future that no one could have predicted, engineers, investors, consultants, venture presidents, politicians, artificial intelligence (or something I'm not sure).

(占い師とかカルト宗教団体は、厚顔甚しくも「私は予言していた」と言い出しかねないので、確認的に記載しておきます)。

I'll note this confirmatively, because fortune tellers and religious cults may say "I predicted it" with a thick face.

-----

スーツ姿でバッチリと決めた娘が、リビングで、自分のノートPCを使って面接している様は ――

My daughter, looking great in her suit, is interviewing in the living room on her notePC.

もちろん、面接中は、家族全員がリビングに立ち入りませんが、

Of course, the whole family won't be in the living room during the interview

もの凄い、非日常感です。

It's an amazing, extraordinary feeling.

2020/05,江端さんの忘備録

SNSの誹謗中傷によって、また誰かが自殺に追いやられたようです。

It seems that someone has been driven to suicide again by the slander on social media.

今さらですが、我が国において、この手の話は今回が初めてという訳ではありませんし、世界中でも同じ事件が起こっています。

I hate to say it now, but this is not the first time, and the same incidents are happening all over the world.

このような事件が発生する度に、私には不思議に思っています。

Every time an incident like this occurs, it makes me wonder.

―― 「SNSでの誹謗中傷はやめよう」とは言う人はいても、「SNSを使うのをやめよう」と言う人はいない

"There are people who say, "Let's stop slandering people on SNS," but there are no people who say, "Let's stop using SNS."

とても、不思議です。

It's very, very strange.

-----

この話、私には「銃規制」と同じ様に見えます。

This story, to me, looks a lot like "gun control".

我が国では、個人的な銃は「所持」しているだけで刑事罰の対象です。

In our country, personal "possession" of a gun is subject to criminal penalties.

日本国の法律は、銃の「殺傷」以外の効果(例えば「自衛力」)を個人の権利として認めていません。

Japanese law does not recognize the non-"lethal" effects of a gun (e.g., "self-defense") as an individual right.

しかし、我が国において、その「銃規制」の効果は絶大です。

However, in our country, that "gun control" has had a tremendous effect.

なにしろ、我が国では、銃による殺人事件は、「暴力あるいは暴力的脅迫によって自己の私的な目的を達しようとする反社会的集団」を除けば、ほとんど発生していません。

After all, we don't have any gun murders in this country with the exception of "an antisocial group that seeks to achieve its own private ends through violence or threats"

この反社会的集団が、一般市民に銃を使用したケースもありましたが、実行犯は勿論、組織は壊滅、組織の長も連座の罪となり、悲惨な人生を送り、その報いを受けています。

There have been cases where this anti-social group has used guns on civilians, but the perpetrators, of course, the organization has also been destroyed. The head of the organization has also been guilty of association. They had to live their miserable life, and are reaping the rewards.

勿論、1mmも同情する気にもなれませんが。

Of course, I'm not inclined to pity them at all.

-----

私は、「SNSを法律で規制せよ」などと言う気はありません。

I don't want to say that SNS should be regulated by law.

SNSによって形成される世論には、問題もありますが、有効な面もあると思っているからです。

The public opinion formed by social networking has its problems, but I believe that it also has an effective side.

ただ、「SNSでの誹謗中傷」の被害者に対して、本気の反省と同情と哀悼を「行動」として示すのであれば、

However, for victims of "slander on SNS," If we show real genuine remorse, sympathy and condolence as an "action",

「SNSをやめる」こと ―― それだけだと思うのです。

"To quit SNS" - I think that's it

正直、1人が「SNSをやめること」による社会への効果は絶無でしょう。

To be honest, the effect on society of one person quitting SNS will be negligible.

それでも、少なくとも「自分だけは行動した」と自分に言い切ることはできます。

Still, we can at least tell ourselves that "I am the only one who has acted"

-----

「SNSでの誹謗中傷はやめよう」と、SNSで叫び回る人間は、

People who go around shouting, "Stop slandering people on SNS!

私には、

I feel "vulgar" like

―― 銃をぶっぱなし続けながら「銃を規制すべきだ」と叫んでいる人間

"the person who keeps blasting guns and shouting "we should control guns!""

と同じ「品性のなさ」を感じるのです。

-----

ともあれ、今回の事件で、「SNSをやめる」という決断をした人がいれば、私にご一報下さい。

Anyway, if there is anyone who has decided to quit SNS because of this incident, please let me know.

ゆっくりとお話したいです。

I would like to take my time and talk to you.

2020/05,江端さんの忘備録

私は、自動車のタイヤ交換(ノーマルタイヤ / スノータイヤ)を自分でやっています。

I have been doing my own car tire changes (stock tires / snow tires).

自分用のメモとして動画をYouTubeに上げています(注:音声が出ます)

I'm posting the video on YouTube as a note for myself (note: audio is available).

必要な機材の購入は、自動車ディーラーでのタイヤ交換1回分の料金で足り、大変コストパフォーマンスが良いからです。

The purchase of the necessary equipment is sufficient for the cost of one tire change at a car dealership, which is very cost-effective.

が、それ以上に、タイヤ交換というのは「楽しい」のです。

More than that, changing a tire is "fun".

まあ、年に2回しかやらないから、そう思えるのかもしれませんが(業務としてやるなら大変だと思います)。

Well, maybe the reason why I feel happy is that I only do it twice a year (it's hard work if I do it as a job).

「楽しいことなら、みんなと共有すべきだ」と思っています。

I think if it's fun, it should be shared with everyone.

そこで、嫁さんに「タイヤ交換のやり方」を教えようとしたら、丁重に断わられました。

However, when I tried to teach my wife how to change a tire, she politely refused.

-----

「そんなこと言って・・・私が死んだ後、どうするんだ!」

"You said that... what are you going to do after I'm dead!"

と言ったところ、私以外の家族全員が言いました。

After I said, the family members except me said

「どうするって・・・、普通にディーラーに行くよ」

"We are going to go to the dealership as normal"

2020/05,江端さんの忘備録

米澤穂信さんの氷菓シリーズ外伝(?)「ふたりの距離の概算」より抜粋

Excerpts from Honobu Yonezawa's "hyouka" series outside story "Estimating the Distance Between Us"

======

「黒い猫でも白い猫でも菓子をくれるのはいい猫だ」

"Black cat or white cat, it's a good cat to give me candy."

大日向はきょとんとした顔になった。

Ohinata frowned.

「えっと、周恩来」

"Let's see, Zhou Enlai"

「李登輝だろ」

"It's Li Teng-hui"

横から伊原が口を挟む。

Ihara speaks from the side.

「蒋介石じゃなかったけ」

"It wasn't Chiang Kai-shek, was it?"

やりとりを聞いて、千反田が無理に笑うようなひきつった表情になった。

Hearing the exchange, Chitanda got a twitchy look that made her laugh unreasonably.

「ええと、その、ホー・チ・ミンですよね」

"Um, it's, uh, you know, Ho Chi Minh."

なんとかボケようとしている。悪いことをした。ちなみに俺は本当に忘れていたのだが、話をしているうちに思い出した。トウ小平だ。("トウ"は、登におおざと)

Somehow she's trying to blur. I did something wrong for her. Incidentally, I had really forgotten about it, but as we were talking, I remembered it. This is To Kohei.

======

という話に登場してくる歴史上の人物について、次女(高校3年生)が全く知らなかったので、正直、青冷めました。

My second daughter, a senior in high school, had no idea about the historical figures featured in the above story. I went out of the blue, to be honest.

江端:「おい、『氷菓』の登場人物は、全員、高校2年生だぞ」

Ebata: "Hey, the characters in Hyouka are all 2nd year high school students.

次女:「『氷菓』の登場人物はフィクションだよ。あんな知識を日常的に持っている高校生はいない」

Second daughter: "The characters in "Hyouka" are fiction. No high school student has that kind of knowledge on a daily basis.

江端:「当時の私は、全部答えられたぞ」

Ebata: "I could have answered all of those questions back then!

次女:「それは、パパが偏った知識を持っていたからだ」

Second daughter: "That's because you had biased knowledge.

江端:「そんなことはない。ママだってちゃんと答えられる」

Ebata: "It's not like that. Even your mom can answer that question properly.

と、この話題を、嫁さんに振ったら、

And when I mentioned the subject to my wife, she said

嫁さん:「もちろん、それらの名前は全部知っている。ただ、その人が、何をした人かを忘れただけ」

Wife: "Of course, I know all those names. I just forgot who and what they did.

江端:「それを『答えられない』というんだ」

Ebata: "It's "I cannot answer".

と、ツッコんだところに、さらに、次女がツッコんできました。

In addition, the second daughter interrupted me.

次女:「というか、パパ、その人物の名前を知っていたからといって、何だというの?」

Second daughter: "Well, Dad, just because I knew the person's name, doesn't make it any less important.

江端:「何だか、それくらいのことを知っていないと、めちゃくちゃヤバい気がするんだが」

Ebata: "Somehow, I feel like I'm in deep serious if you don't know that much about it.

次女:「それは、パパの思い込みだ。そんなことより、『お菓子のレシピ』の内容を知らない方が、私達の世界では遥かにヤバい。パパは、お菓子について論じることができる?」

Second daughter: "That's what you think. It's far worse in our world to not know the contents of the "cake recipe". Dad, can you argue about sweets?"

江端:「1mmも論じることができないな」

Ebata: "I can't argue it at all"

次女:「歴史上の人物よりも、お菓子のレシピの方が有用性があり、有用性があるものが正解でしょう」

Second daughter: "There's more utility and usefulness in a cake recipe than in a historical figure, and something useful would be the right thing to do.

江端:「確かに、私は、これまで、そう主張してきたと思う」

Ebata: "Certainly, I think I've been arguing that

-----

どの教師も、『自分の教えている教科こそが重要だ』と言います。

Any teacher says, "It's the subject I am teaching that's important."

それは、教師たちの自分の存在意義と尊厳を守る為の、「矮小な自己防衛」とも言えます。

It can also be described as "petty self-defense" to protect the teachers' sense of existence and dignity.

実際に、歴史の教師は「歴史が重要だ」と言い続けていますが、はっきり言います―― 「古代エジプトのファラオが誰であろうか、その国が滅びようが、それが何だと言うのか」

In fact, history teachers keep saying "history is important," but let's be clear "Whoever the pharaohs of ancient Egypt were, whether their country perished or not, what does it matter?

つまるところ、嫁さんの名言「リトマス試験紙が何色になろうが、それがどうだと言うの」と同じ話です。

In short, it's the same story as my wife's famous quote, "It doesn't matter what color the litmus test paper is.

知識に有用性を求めるのであれば、「実学に基づく利益回収モデル」が唯一の正解です。

If you want usefulness in knowledge, a "profit-recovery model based on actual learning" is the only correct answer.

長女:「自分の知っていることを、世の中の基準のように論じることは、"暴力"なんでしょう?」

Eldest: "It's violence to argue what you know as if it's the world's standard, isn't it?

と、纏められてしまいました。

-----

この話のことも、思い出していましたが ――

I was thinking about this story...

『間違っているのは、私なのか?』

"Am I wrong?

と、暫くの間、深い懐疑の闇に沈んでいました。

For a while, I sank into a deep darkness of skepticism.