未分類

という論文を読み込んでいるんですけど、SWB(Subjective Well-Being)というのが、今一つ肚に落ちてこなくて、ちょっと調べていました。

で、纏めてみたのですが、驚きました。

そっかー、幸福って定義なしで使っていいんだぁ、と、今さらながら気がつきました。

特に上の表で興味深いのが、(A)認知的幸福です。

これ、「自分で定義した幸福」を使って、自分の幸福をチェックする、というものです。

これは、他者を観測することによって、自分の中に『厳しいチェックリスト』を作成して、自分の幸福を自己採点して、自分で自分に落第点を付ける、というものの正体だと思います。

なるほど、主観的幸福とは、主観的不幸と同義になり得る、ということが理解できて、深く納得しています。

「他人との比較は、地獄への道」ですね。


『人生をどう生きたところで、大して変わりはない。ただ、狂えるものがあれば、ちょっとだけ"おトク"かもしれない』

の中で、

―― 狂気だけが才能を越える

と記載しましたが、もしかしたら、

―― 狂気だけが幸福に至る道である

とも言えるかもしれません。

 

2022/12,江端さんの忘備録

先日、俳優の渡辺徹さんがお亡くなりになりました。

Recently, actor Mr.Toru Watanabe passed away.

また、コラムニストの小田島隆さんもお亡くなりになりました。

Also, columnist Mr.Takashi Odajima passed away.

渡辺徹さんは、これまで、肥満と減量を繰り返されており、お亡くなりになった時点では肥満ではなかったようです。

Mr. Toru Watanabe had been obese and lost weight repeatedly, and was not obese at the time of his death.

小田島隆さんも、自力でアルコール依存症を克服されていました。

Mr. Takashi Odajima also overcame his alcoholism on his own.

何が言いたいかというと ――

What I want to say is--

―― 過去の不摂生な生活は、そこから脱した後でも、私たちを許してくれない

"Past neglects of health do not forgive us, even after we get out of them"

ということです。

-----

だから、まあ、多分私も『許して貰えない』 ―― たとえ、今、一滴たりともアルコールを摂取していなくても。

So, well, maybe I won't be 'forgiven' either -- even if I don't consume a drop of alcohol now.

2022/12,江端さんの忘備録

先ほど、食堂で、iPadを開いてGoogleニュースを見たのですが、

I was in the cafeteria just now, and I opened my iPad to Google News.

―― ワールドカップの日本の1次リーグ突破のニュースが一つも表示されない

"No news on Japan's progress through the first round of the World Cup is shown"

という事実に、ちょっと驚いています。

I am a little surprised by the fact.

ネットニュースのフィルタリング機能の威力を、本日実感しました。

I realized today the power of the filtering function for online news.

-----

今朝4時に起きてテレビを見ていた嫁さんから、この事実を教えてもらわなければ ――

If I didn't have to learn this fact from my wife, who was up at 4:00 this morning watching TV-- 

本日夜のNHKのニュース7を見るまで、私はこの事実を知らなかったことになります。

Until I see today's News 7 on NHK, I will have not known this fact.

2022/12,江端さんの忘備録

https://eetimes.itmedia.co.jp/ee/articles/2212/01/news021.html

今回は、「令和版所得倍増計画」について、もう一歩踏み込んで分析してみました。

In this issue, I took another step forward in our analysis of the "2022 Income Doubling Plan.

その結果、この計画は、「日本の国民全員参加による、不労所得の獲得戦略」であることが見えてきました。

As a result, I came to see this plan as a "strategy for earning unearned income with the participation of all Japanese citizens".

うん、ならば意外に悪くはない、一口乗ってみるかという気にもなってきます。

Well "not bad".It also makes me feel like I will also join the plan .

2022/11,江端さんの忘備録

先日の次女の誕生日に、次女欠席のまま、Lサイズのピザを取り、高価なケーキを、夫婦二人で食べていました。

On our junior daughter's recent birthday, my wife and I ordered an L-size pizza and ate an expensive cake, with our second daughter absent.

―― という事実が、レシートから発見されて、次女が怒っていたそうです。

She found the receipts and got angry.

しかし、私は『当日、大学の友人と過して、自宅を不在にしたお前(次女)が悪い』と思っています。

However, I think 'it is your (second daughter's) fault for spending time with her college friends and being away from home on the day.

-----

『本人がいないところで、何故パーティーをするのか?』と問われれば、私は以下のように反論します。

'Why have a party where the person onself is not present?' I would argue as follows.

―― じゃあ、なんで、お前たち、クリスマスパーティーなんぞやるんだ?

"Then why are you guys having a Christmas party?"

と。

あの人、もう死亡から2000年以上も経過しており、現在不在です(復活したとしても、死亡しているでしょう)。

That person has been dead for more than 2000 years now and is currently absent (if he had been resurrected, he would have died).

しかし、誕生日イベントが継続され続いています。

However, the birthday events continue and continue.

しかも、誕生日"当日"ではなく、誕生日の"前日(イブ)"に祝われるという、意味不明の祝われ方をされています。

Moreover, he is celebrated not on the "day" of the birthday, but on the "day before the birthday(eve)", which makes no sense at all.

何度も言いますが、あの人の誕生日は12月25日であって、24日は、全く関係のない普通の日です。

As I have said many times, his birthday is December 25th, and the 24th is a normal, totally unrelated day.

-----

『本人の誕生日に、本人の生誕を祝う』という私達夫婦のスタイルは ――

Our couple's style, to celebrate the birth of the person on the person's birthday, is

クリスマスイブに、誰でもいいのでカップルの体裁を調えて街を闊歩する男女より、はるかに誠実である

"far more sincere than the man and woman who walk the streets on Christmas Eve with the appearance of a couple for anyone"

と、確信しております。

I believe it.

2022/11,江端さんの技術メモ

■PDFをブラウザで直接編集するサイト

https://smallpdf.com/jp/edit-pdf
一回実施すると、次の実施まで12時間かかるので、実質的には使えない

(T.B.D)

 

 

2022/11,江端さんの忘備録

(1)日本の原子力発電所は、13ヵ月以上の連続稼動ができず、3ヵ月の定期検査を受けなければなりません。

(1) Nuclear power plants in Japan cannot operate continuously for more than 13 months and must undergo a three-month periodic inspection.

(2)日本の原子炉は、最初の稼動から60年後に廃炉にしなければなりません。

(2) Japanese nuclear reactors must be decommissioned 60 years after their first operation.

この度、政府は、定期検査や、その他の理由で止っていた期間を、60年から引き算をして使用し続けることを、決めるようです。

The government has now decided that the period of time that the plant has been out of service due to periodic inspections and other reasons will be subtracted from the 60-year period, and the plant will continue to be used.

国民から『詭弁だ!』と非難される覚悟での決定だったろう ―― と、思いましたが、今のところ、あまり、そのような声は聞こえてきません(判断は、まだ早計かもしれませんが)。

I thought that the decision would have been made in preparation for the public's condemnation as "sophistry!", however, so far I have not heard any such comments (although it may be too early to make a judgment).

やっぱり、現在進行形で、『電力インフラを空爆されて、越冬に生命がかかっている国の国民のリアル』を見ていると、そんなことは言えないのかもしれません。

After all, if you look at the ongoing "realities of the people in a country where the power infrastructure has been bombed and lives are at stake for wintering over," you may not be able to say such a thing.

ただ、「"11年前の私"は、同じことを言えるかな?」とは思います。

Just wondering, "Would I, "11 years ago," be able to say the same thing?"

-----

11年前に、私は、こんなメモを残しています。

Eleven years ago, I left this note

日本の原発、現在54基

今も、この考えは、1mmも変わっていません。

Even now, this idea has not changed one millimeter.

どんなシステムでも事故は発生します ―― 『絶対』です。

Accidents happen in any system -- "absolutely".

安全とは、全て「人を殺すことを前提にした安全」のことだからです。

Safety is all about "safety based on killing people".

-----

原発再稼動が『国家存続の為に、避けえない段階にある』のであれば、私はそれを受け入れます。

If restarting nuclear power plants is 'an unavoidable step for the survival of the nation,' then I will accept it.

ただし、私は『福島原発事故と同レベルの事故に、これからも遭遇する』ことも、覚悟しました。

However, I was also prepared to "continue to encounter accidents of the same level as the Fukushima nuclear accident".

―― 日本国内において、生涯で2~3回は原発事故に遭遇し、最低1回は放射能汚染被害を受ける

"In Japan, I will encounter two or three nuclear accidents in my lifetime and suffer from radioactive contamination at least once"

と、肚を括れば、原発との共生は可能です。

If we can be so determined, coexistence with nuclear power plants is possible.

-----

「原発事故の発生を前提として、あらゆる事態を想定し、考えうる最悪の事故の対策を考えて、それでも多分、皆さんには、酷い損害を与える可能性をあることを十分に分かった上で ―― 政府は『原発再稼動』を決断しました」

"Assuming the occurrence of a nuclear accident, assuming all possible contingencies, considering countermeasures for the worst possible accident, and knowing fully well that it could still probably cause terrible damage to you all -- the government has decided to 'restart nuclear power plants'."

と、首相が宣言してくれるのであれば ――

If the Prime Minister will declare the above,

少なくとも、この私もまた、首相、内閣、そして政府を支える側に立つことを、宣言します。

At the very least, I declare too that I will stand on the side of the Prime Minister, his cabinet, and the government.

2022/11,江端さんの技術メモ

/*
C:\Users\ebata>psql -U postgres -h 192.168.0.23 -p 15432
Password for user postgres:
psql (13.4, server 12.5 (Debian 12.5-1.pgdg100+1))
Type "help" for help.

postgres=# \l
                                 List of databases
   Name    |  Owner   | Encoding |  Collate   |   Ctype    |   Access privileges
-----------+----------+----------+------------+------------+-----------------------
 agent_db  | postgres | UTF8     | en_US.utf8 | en_US.utf8 |
 postgres  | postgres | UTF8     | en_US.utf8 | en_US.utf8 |
 template0 | postgres | UTF8     | en_US.utf8 | en_US.utf8 | =c/postgres          +
           |          |          |            |            | postgres=CTc/postgres
 template1 | postgres | UTF8     | en_US.utf8 | en_US.utf8 | =c/postgres          +
           |          |          |            |            | postgres=CTc/postgres
 yama_db   | postgres | UTF8     | en_US.utf8 | en_US.utf8 |
(5 rows)

postgres=# \c agent_db
psql (13.4, server 12.5 (Debian 12.5-1.pgdg100+1))
You are now connected to database "agent_db" as user "postgres".
agent_db=# \dt
           List of relations
 Schema |   Name    | Type  |  Owner
--------+-----------+-------+----------
 public | user_list | table | postgres
 public | user_log  | table | postgres
(2 rows)


agent_db=# select * from user_list;
 id  | age |   type   | departure_name | departure_number | departure_lat | departure_lng |     arrival_name     | arrival_number | arrival_lat | arrival_lng
-----+-----+----------+----------------+------------------+---------------+---------------+----------------------+----------------+-------------+-------------
   0 |  51 | tourist  | 山口駅         |             9324 |   131.4815191 |     34.172788 | 藩庁門               |           1396 |    34.18463 |  131.471535
   1 |  59 | tourist  | 山口駅         |             9324 |   131.4815191 |     34.172788 | 五重塔               |           7136 |   34.190132 | 131.4734607

*/

package main

import (
	"database/sql"
	"fmt"
	"log"

	_ "github.com/lib/pq" // ←これを追記
)

func main() {

	db, err := sql.Open("postgres",
		"user=postgres password=password host=192.168.0.23 port=15432 dbname=agent_db sslmode=disable")
	if err != nil {
		log.Fatal("OpenError: ", err)
	}
	defer db.Close()

	//rows, err := db.Query("select * from user_list")
	rows, err := db.Query("select id, age, type, departure_name, departure_number, departure_lat, departure_lng, arrival_name, arrival_number, arrival_lat, arrival_lng from user_list")
	if err != nil {
		log.Fatal(err)
	}
	defer rows.Close()

	var id, age, departure_number, arrival_number int
	var type1, departure_name, arrival_name string
	var departure_lat, departure_lng, arrival_lat, arrival_lng float64

	for rows.Next() {
		//if err := rows.Scan(&dt); err != nil {
		if err := rows.Scan(&id, &age, &type1, &departure_name, &departure_number, &departure_lat, &departure_lng, &arrival_name, &arrival_number, &arrival_lat, &arrival_lng); err != nil {
			fmt.Println(err)
		}
		fmt.Println(id, age, type1, departure_name, departure_number, departure_lat, departure_lng, arrival_name, arrival_number, arrival_lat, arrival_lng)
	}
}

/*
出力結果

C:\Users\ebata\yamaguchi\src_try1\others>go run .
0 51 tourist 山口駅 9324 131.4815191 34.172788 藩庁門 1396 34.18463 131.471535
1 59 tourist 山口駅 9324 131.4815191 34.172788 五重塔 7136 34.190132 131.4734607
2 55 tourist 湯田温泉駅 7247 131.4606901 34.1597909 ザビエル記念聖堂 2570 34.1796352 131.4728818
3 60 tourist 湯田温泉駅 7247 131.4606901 34.1597909 ザビエル記念聖堂 2570 34.1796352 131.4728818
4 42 tourist 山口駅 9324 131.4815191 34.172788 五重塔 7136 34.190132 131.4734607

*/

2022/11,江端さんの技術メモ

package main

import (
	"fmt"
	"time"
)

func main() {
	now := time.Now() // 
	time.Sleep(time.Second * 3)

	a := time.Since(now).Milliseconds()

	fmt.Printf("経過: %vms\n", a) // 

}

C:\Users\ebata\yamaguchi\src_try1\others>go run .
経過: 3008ms

2022/11,江端さんの忘備録

昨日、喪中はがきを掲載しました。

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

Yesterday, I posted a mourning postcard.

"喪"という発想は、どの時代のどの地域においてもありますが、日本においては、孔子(BC55l~479)の儒教の影響が大きいようです。

The idea of "mourning" has existed in every region of every time period, but in Japan, the influence of Confucius (55l-479 BC) seems to have been significant.

が、その中身が凄かった。

But the contents were amazing.

『父母が亡くなったときには3年間の喪に服することが決められていた』

'When the parents died, we should be a three-year mourning period.'

『父母の墓の横にテントを立てて、そこでひたすら3年間、決められた喪中ルールの生活を続ける』

'We should set up a tent next to my parents' gravesite and lived there for three years under a set rule of mourning'

という内容だったと記憶しています。

I remember the contents like that.

さすがに、弟子が「3年間はやりすぎです」「経済活動に影響を与えます」と苦言を呈したそうです。

As expected, a disciple complained that three years was too much and that it would affect economic activity.

そうしたら、孔子は『なら、"お前"はそうしろ』と弟子に言い放ったそうです。

However, Confucius then told his disciple, "Then you should do what you want"

パワハラですよね。

It was typical power harassment.

それはさておき。

That aside.

----

―― 喪中の為、ディズニーランド、忘年会、および学会講演発表等の、アクティビティ参加をご遠慮申し上げます

"Due to the mourning period, I will not be able to participate in activities such as Disneyland, year-end parties, and presentations at academic conferences"

という、"喪"の"活用"ができるるといいなぁ、とは思っています。

I hope that we can "utilize" mourning in such a way.