2020/11,江端さんの忘備録

先程、電話会議が終って、リビングに降りていったら、キッチンにいた嫁さんから

I just finished a conference call and went down to the living room, and my wife, who was in the kitchen, told me.

―― もの凄く邪悪な笑顔しているねえ

“You’ve got a hell of a wicked smile on your face."

と言われました。

—–

まあ、「打ち合わせ」というのは、一種のバトルゲームです。

Well, a “meeting" is a kind of battle game.

本音と建前のバランスをほどよく混合した、笑い声とジョークを交えた「交渉戦」です。

It is a “bargaining game" with a good balance of my private opinion and public stance, mixed with laughter and jokes.

当然に、心理的ストレスもそれなりに発生します。

Naturally, psychological stress also occurs to a certain extent.

—–

とは言え、会議が終った直後の、私の表情を観測できる人間は、たくさんいるでしょうが ――

However, there are a lot of people who can observe my expression right after the meeting was over —

『もの凄い邪悪な笑顔』

“a hell of a wicked smile on your face"

と本人に直接言えるのは、家族くらいでしょう。

The only person who can tell you this directly is my family.

これも、リモートワークによって「発見」したこと、と言えましょう。

I could say, that this is also “discovered" by working remotely.

2020/11,江端さんの忘備録

「友だち」とは何か ―― ということに、モンモンと悩み続けるティーンエイジャの主人公が登場するコンテンツ(小説、アニメ)が沢山あります。

What is a “friend"? There is a lot of content (novels, animations) featuring a teenage protagonist who continues to worry about it.

私、ティーンエイジャのことは知りませんが、大人であれば直ぐに判別できる「友だち」の定義を見つけました。

I don’t know about teenagers, but I found a definition of “friend" that can be easily discerned as an adult.

『電話会議システムのセッテイングを完了した時、その確認作業に付き合って貰える「相手」がいるか否か』

“Whether or not you have a “partner" to go along with the confirmation process, when you complete the setting of the conference call system"

です。

—–

私、今、電話会議システムのセッテイングを完了しました。

I have just completed setting up the conference call system.

しかし、システムテストができなくて、とても困っています。

However, I am having trouble because I cannot do the system test.

2020/11,江端さんの忘備録

かつて「プログラマー30歳定年説」という考え方がありました。

There used to be the idea of the “30-year old programmer retirement" theory.

これは、プログラマーの労働環境が劣悪(長時間残業、休日出社がデフォルト)だったからです。

This is because the working environment for programmers was poor (long hours of overtime and working on holidays was the default).

加えて、プログラミング技術は進歩が激しく、技術の陳腐化も著しく、新しいプログラム言語は次から次に現われ、常に新しい技術を勉強し続けなければならない、という事情もあります。

In addition, programming technology is advancing rapidly and technology is rapidly becoming obsolete, and new programming languages are popping up one after another, forcing them to keep learning new technologies.

他の業種でも「常に勉強」は同じだと思いますが、プログラマーの世界は、その傾向が顕著だとは思います。

I think “always learning" is the same in other industries, but in the world of programmers, I think the trend is more pronounced.

—–

「プログラマー30歳定年説」によれば、私はとっくにプログラマーを定年していてもいいはずなんですけど、私が続けている理由は、

According to the “programmer at 30" theory, I should have retired as a programmer a long time ago, but the reason I continue to do so is

―― プログラムがイメージ通りに動いた時の快感

“The feeling of pleasure when the program works as I expect"

にあると思っています。

I believe that.

私の知る限り、30歳以下のプログラマーを知りません ―― まあ、私の人脈は、針の穴よりも小さいので、あまり当てにはなりませんが。

As far as I know, I don’t know a programmer under 30 years old — well, my connections are smaller than the hole in the needle, so my opinion is not so reliable, though.

—–

「プログラマー30歳定年説」が失当だった理由は、「ゲーマー30歳定年説」が成りたたないのと、同じ理由だと思います。

I think the reason why the “30-year old programmer retirement age" theory was disqualified, is the same reason why the “30-year old gamer retirement age" theory does not work.

ゲームこそ、技術は進歩が激しく、腐化も著しく、新しいゲームが次から次と現われ、常に新しいゲームのルールを勉強しなければなりませんが ――

Game is that technology is advancing rapidly, obsolescence is significant. and new games are coming one after another, they must constantly learn the rules of the new games.

そもそも、ゲーマーって、何歳になってもゲームから引退しませんよね。

To begin with, gamers don’t retire from gaming at any age, do they?

私の知る限り、ゲームを止めて、俳句や、習字や、カラオケに乗り換えたと言う人を、私は知りません ―― まあ、私の人脈は、針の穴よりも小さいので、あまり当てにはなりませんが。

As far as I know, I don’t know of anyone who has stopped playing games and switched to haiku, calligraphy, or karaoke! — well, my connections are smaller than the hole in the needle, so my opinion is not so reliable, though.

—–

つまるところ、「まことしやかにささやかれる説は、話半分に聞いておくことが大切」ということです。

After all, “It is important to listen to the theory that is whispered in half"

2020/11,江端さんの忘備録

9月1日の前日の8月31日になると、「余裕のある」大人が、「自殺するかどうか迷っている」子どもたちに、メッセージを発します。

On August 31, the day before September 1, adult with a generous heart, send out a message to children who “can’t decide whether to kill themselves".

―― 逃げていいんだよ

“You can run away."

と。

この「逃げていいんだよ」メッセージは、仕事で追い込まれて、鬱病になってしまった社会人に対しても良く行われる、無責任で悪質なメッセージです。

The message of “you can run awasy" is also often used for working people who have been pushed to the edge at work and have become depressed. This is an irresponsible and vicious message.

「逃げていい」というのであれば、まず、その具体的な「逃げ方」をちゃんと説明する義務が発生します。

If you are allowed to “run away", then you are first obligated to explain the specific “how to escape" in detail.

======

・・・ では以下に、逃げ方の実施例を記載する。

Now let me explain an example of how to escape below.

(1)前提条件

(1) Prerequisites

自分の部屋を持っている場合(持っていない場合については、第2章までスキップする)

The case that you have your own room (if you don’t, skip to Chapter 2)

(2)8月31日までに実施する事項

(2) Items to be implemented by August 31

(1)(a)自室に自前の鍵を設置する。「あおり止め」で十分で工具店に行けばが300円程度で入手できる

(a) Install your own key in your room. A “stirrup" will suffice and can be obtained at a tool store for about 300 yen.

(b)自室に一週間分の食料と水分を確保する。水分は、最低でも20リットル程度は確保しておくこと。

(b) Keep a week’s worth of food and water in your room. Keep at least 20 liters of water in your room.

(3)9月1日から実施する事項

(3) Items to be implemented from September 1

(a)引きこもりを開始する。原則として部屋から出ずに、家族とも会話をしない。

(a) Start “shut-in". As a rule, never leave the room and never talk to the family.

(b)安易に話し合いには応じない。最低3日間は誰とも交渉をしない。

(b) Do not enter into discussions easily. Do not negotiate with anyone for at least three days.

(c)7日を経過しても保護者または教師に動きがなければ、メール、Line等で「自殺」を宣言する

(c) If there is no movement by the parent or teacher after 7 days, declare “suicide" via email, line, etc.

(d)上記をもってなお、状況に変化がなければ、自殺を実行しても良い。

(d) If the above does not change the situation, you may still commit suicide.

(4)予測される保護者または教師の対応

(4) Anticipated parent or teacher response

(a)少なくとも、引きこもりがこれが3日間続けば、保護者や教師が動き出すハズである。

(a) At the very least, if “shut-in" continues for three days, parents and teachers may start to move.

(b)保護者または教師に対して、学校に登校しない理由(いじめの事実、いじめをしてきた人物の名前)を、ドアを閉鎖したままで開示をする。

(b) Disclose to the parent or teacher the reason for not attending school (the fact of the bullying and the name of the person who has been bullying you), with the door closed.

(c)教師は、「とりあえず学校に来る旨」を提案してくるばずであるが、安易に応じてはならない。

(c) The teacher should suggest that you come to school anyway, but you should not respond to him/her easily.

(d)もし登校に応じる場合でも、自分に都合の良い条件を提示して、いつでも不登校を再開する旨を宣言する。

(d) If you agree to attend school, declare that you will resume your truancy at any time on terms that suit you.

(5)上記の理由

(5) The above reasons

(a)本実施例の目的は、問題を大きくして、責任を保護者、教師に拡大させる、いじめの当事者を学校中に晒し、上手く行けば転校に追いこむことである。

(a) The purpose of this example is to magnify the problem, extend blame to parents and teachers, expose the bullying party to the entire school, and hopefully force him or her to change schools.

(b)やることは一つ。「ひきこもる」だけで良い。後は、あっちの世界が動くので、それに乗れば良い。

(b) Only one thing to do is “shut-in". After that, the other world will move, and you can ride it.

(6)その他

(6)Others

(a)上記の「ひきこもり」をやっても、なお状況が改善しない時には、

(a) If the situation still does not improve after doing the “shut-in" above, then

―― 自殺という方法で「逃げていいんだよ」

“You can run away" by way of suicide.

======

とまで、記載すべきでしょう。

You should be well described, up to this point.

—–

子どもの自殺は、すべて「大人の不作為による殺人」です。

All child suicides are “murders due to adult omission."

『逃げてもいいんだよ』とだけ言い放って立ち去る大人は、最低にして最悪の「不作為」の実施者です。

Adults who just say “you can run away" and leave are the worst “inaction" practitioners.

2020/11,江端さんの忘備録

数学が好きな人間は、数学が得意であり、

People who like math are good at math, and

英語が好きな人間は、英語が得意であり、

People who likes English, is good at English, and

歴史が好きな人間は、歴史が得意であり、

People who like history, are good at history, and

コンピュータが好きな人間は、コンピュータが得意である。

People who like computers are good at computers.

うん、それは良かった、と思う。

Yeah, it was good, I think.

心の底から「おめでとう」と言いましょう。

I can say “Congratulations" from the bottom of my heart.

—–

だが ――

However,

数学が好きな人間が、数学はコツに過ぎない、といい、

People who likes math, says that math is just a trick, and

英語が好きな人間が、英語は81文だけ覚えれば足る、といい、

People who like English say that it’s enough to remember only 81 sentences in English, and

歴史が好きな人間が、歴史は流れを捕むだけのことだ、といい、

People who like history say that history is just a matter of figuring out the flow, and

コンピュータが好きな人間が、コンピュータなどは、本気になれば誰だって扱えるようになるという。

People who like computers say that anyone can handle computers.

私はこういう奴等を、私は許さない。

I will not tolerate these people.

運よく何かを好きになれた奴が、自分の幸運を、他人にまで拡張し

Whoever is lucky enough to like something, extends their good fortune to others, and say

「簡単だ」

“It’s easy."

と言い放つ奴らの傲慢にまで、私は寛容になる気はない。

I’m not going to tolerate the arrogance of anyone who says these things.

—–

『彼らを・・・責めているんじゃない・・・ むしろお祝いを言うよ』(*)

“I don’t blame them… but I congratulate them."(*)

(*)はみだしっ子5 奴等が消えた夜 P.155

(*)Hamidashikko 5 The Night they Disappeared p.155

なぜ、「私は好きだ」「私は楽しい」までで、止めることができないのか?

Why can’t they stop at “I like it" or “I’m fun"?

なぜ、その「好き」と「楽しい」に論理付けして、一般化までして、他人に「簡単」を押しつけてくるのか?

Why are they going to force others to be “easy" by attaching logic to that “like" and “fun" and even generalizing it?

いい加減、ほっといてくれ ――

“Come on, just leave me alone… “

—–

情けないことに、このことに気がついたの、結構最近なんです、私。

The shameful thing is that I have only recently realized this.

『特許明細書の執筆なんて、コツさえ分かれば簡単』

“Writing a patent specification is easy once you get the hang of it."

と言い放っていた頃の私を許せない人は ―― 私を"刺し"に来てもいいです。

Anyone who can’t forgive me for saying that — can come and “stab" me to death.

私は、『刺されるだけのことをしてきた』という自覚があります。

I’m aware that 'I have done nothing but get stabbed to death’.

(刑事では無理でしょうが)、民事では提訴しない方向です。

I’m not going to file a civil lawsuit (although you can’t escape from criminal case).

但し、理由は「特許明細書」だけです。

However, the only reason is the “patent specification".

他のことについては、いつも通り「報復モード」に入ります。

I will go into “Retaliation Mode" as usual, expect of them.

2020/11,江端さんの忘備録

https、全フェーズで動いたーーーーーーーー!

All functions of https are working!!

docker-compose.yml書き直してぇー

I rewrote docker-compose.yml,

nignx.confを追加してぇー

I added a description to nignx.conf,

パック化されたJavaScriptを、目視で書き換えしてぇー

I modified packed JavaScript by sight,

それでも動かなくて、悩みまくった主原因が「ブラウザに残っていたキャシュ」だったという、情けないオチであったとしても ―― とにかく

It had not worked, and finally I noticed that the main cause of the trouble was the “cache left in the browser". To tell you the truth, it was shameful. However anyway

動いたーーー!

It is working now!

—–

うん、docker-compose buildからDB構築までの一連の処理を、100回は繰り返したと思うぞ。

Yeah, I think I’ve gone through the whole process from docker-compose build to DB build at least 100 times.

LinuxとWindows10でのdockerコマンドの記載の違いも、体で理解しちゃたぞー

I understand the difference between Linux and Windows 10 docker command description, from the bottom of my heart.

—–

でも、これが、明日、動かすと、全く動かなかったりするんだよなぁ。

However, I also know that it will not work tomorrow.

ソフトウェアって、そういうことやって、開発者/改造者の心を抉(えぐ)っていくものです。

Softwares hurt the developer/moddererator’s heart in the way.

だから、今は ―― 50%くらいのテンションで抑えておこう

So, for now — let’s keep it at about 50 percent intensity.

2020/11,江端さんの忘備録

先月、次女の面接対策で、プレゼンテーションと質疑応答の練習につきあわされていました。

Last month, I was busy practicing a presentation and question and answer session in preparation for my junior daughter’s interview.

私、プレゼンテーションに関しては、

In my opinion, when it comes to presentation, I think

「脳がまっしろになった状態でも、勝手に口がしゃべっている状態にまで、セリフを体に叩き込め」

“Even if your brain is straight, you can hit the lines into your body until your mouth is talking."

というのが方針です。

プレゼンテーションの時間が不明のままだったので、1分、2分、3分のバージョンを、それぞれ10~20回、ぶっつづけ、直前の2日間、3時間くらい、徹底的に繰り返しさせました。

The presentation time remained unknown, so I had her give her 1-minute, 2-minute, and 3-minute presentations 10 to 20 times each, and repeated them thoroughly for the last two days, about three hours.

また質疑応答についても、考え得る限り「悪意のある」「解答がしにくい」あるいは「解答の出せない」質問を、何度も繰り返し、浴びせ続けました。

As for the question and answer session, I asked as many times as I could think of “malicious," “difficult to answer," or “cannot answer."

面接では、「言葉に詰って沈黙を3秒作ったら負けだ」、と思っています。

At the interview, I think, “If you get stuck in words and make silence for 3 seconds, you lose."

しかし、素直に「分かりません」というのも、望ましくないと思っています。

However, I don’t think it is desirable to simply say “I don’t understand."

—–

質問に対しての応答については、

For answers to questions,

『現時点で私ではお答えできませんが、今後、XXXXの分野を勉強することで、明らかにできるかと思います』

“I can’t answer at this point, but I think I can clarify it by studying the field of XXXX in the future."

『今のご質問に関しては、例えば、XXXXという条件を付ければ、現存のXXXXXという方法を使えるのではないかと思います』

“For the current question, for example, if I could add the condition XXXX, I think we can use the existing method called XXXX."

という風に、「分からない」を、前向きな方向で、あるいは一定の仮説を置いた上で、「言い換える」方法があります。

In this way, you don’t say “I don’t know" but you can change the phrase in a positive direction or with a certain hypothesis

—–

これらの「大人」の技を、二日間で、次女に徹底的に叩き込みました。

In two days, I thoroughly taught these “adult" skills to my junior daughter.

これは、他の受験者等と比較して、チートではないかとも思うのですが ――

I think this is unfair compared to other examinees.

保護者(父親)の技能を利用するのは、被保護者(子ども)の特権です。

It is the privilege of the protected person (child) to utilize the skills of the guardian (father).

2020/11,江端さんの忘備録

最近は電子書籍の購入が多くなったとは言え、まだまだ紙の本も購入しています。

Although I buy more and more e-books these days, we still buy paper books as well.

仮に図書館で同じ本を読むことができる場合でも、紙の本も購入することがあります。

Even if I can read the same book in the library, I may also buy a paper book.

なぜか?

Why?

理由は簡単です。

The reason is simple.

―― 本にアンダーラインを山ほど引き、私以外の人間には解読できない文字を書き込み、本を風呂の中に水没させるため

“To draw a pile of underlines in the book, to write characters that cannot be deciphered by anyone other than me, and to submerge the book in the bath"

です。

私は、この本に対する虐待の限りを尽す権利を、「それが3000円の本なら、3000円で購入している」と認識しています。

I recognize that the right to the full extent of abuse for this book, “if it’s a 3,000-yen book, I buy it for 3,000-yen".

本の機能の一つに「共有」があると思うのですが、そんなものには目もくれていません。

I think one of the features of the book is “sharing," but I don’t care about that.

本に対する私の敬意は、有体物に対するものではなく、その本に含まれれる知識だけです。

My respect for the book is not for tangible objects, but only for the knowledge contained in that book.

特に、私の場合「理解する」では足りなくて、「自分で理解した上で、自分の言葉で他人に語る」という業務が入ることが多いので、通常の本の読み込みでは、全然足りないのです。

In particular, in my case, “understanding" is not enough, but the task of “understanding and then telling others in your own words" is needed. Hence, normal book reading is not enough for me at all.

「本の中から沸き上がってくる、新しいコンセプト」―― これを獲得する為には、通常の本の取り扱いでは全然足りないのです。

To get “a new concept coming out of the book", in order to get this, it is not enough to handle a normal book.

もちろん、この本の取り扱い方を、他人に押しつけるつもりはありません。

Of course, I do not mean to impose on you, how to handle this book.

むしろ、このような本の取り扱いは止めた方が良い、とすら思っています。

In fact, I even think it’s better to stop handling such books.

それはさておき。

Aside from that.

—–

最近、風呂の中での読書がしやすいように、ブックスタンドも購入しました。

Recently, I also purchased a book stand to facilitate reading in the bath.

風呂の中で、ノンアルコールビールを飲み、キムチを食しながら、このブックスタンドで本を読んでいます。

In the bath, while drinking non-alcoholic beer and eating kimchi, I am reading a book on this bookstand.

「プチ極楽」といったとこです ―― 安い極楽ですが。

It’s like “petit paradise" — a cheap paradise.

但し、家族の中で、一番最後に風呂に入ることが義務付けられています(長女から、風呂の中に充満するキムチ臭で、クレームを受けました)。

However, I am required to take a bath last in the family (my senior daughter complained about the smell of kimchi filling the bath).

2020/11,江端さんの忘備録

今回の大統領選挙の話題に合わせて、

One of the topics of this presidential election,

「SNSの"いいね"ボタンを解析するだけで、その人のパーソナリティを知ることができる」

“Just by analyzing the 'GOOD’ button on a social network, you can learn about a person’s personality."

という解説記事を、各所で読むことができます。

You can read explanatory those articles in various places.

私の場合は、私のコラムをディスってきた人間の、Twitterのタイムラインの全てを読み上げることで、

In my case, by analyzing all of the Twitter timelines of people who have disrespected my column, I would judge the person as follows,

『取るに足らない奴』

“She/He counts for nothing"

と判断して、溜飲を下げています。

and, I could find relief.

これ、なかなか良い方法なので、お勧めします。

This is a pretty good way to do it, and I recommend it to you.

私のコラムをディスってきた人間の多くは、見事なくらい「執筆者の論調に簡単に乗せられる軽薄」か「物事をロジックで説明できない低能」でしたが ――

Many of the people who have disrespected my column have been, brilliantly, 'a frivolity that can easily be put into the tone of the author’s argument’ or “Incompetence that cannot explain things with logic".

その一方、レアケースではありますが、「冷静な自己主張ができるインテリ」で「自分のポリシーに基づいて事象を把握する観測者」だったこともあります。

However, on the other hand, although it is a rare case, she/he was also an “observer who grasps the event based on his own policy" with intelligences based on their self-assertions".

真逆の方向で「溜飲を下げること」ができます。

I can “lower the tame" in both opposite directions.

—–

これは、SNSの"いいねボタンの解析と同じです。

This is the same as analyzing the “GOOD" button on a social network.

そして、私が、Twitter、Facebookを含めて、すべてのSNSを使わないこととした理由の一つでもあります。

And it’s one of the reasons I’ve decided not to use all social networking sites, including Twitter and Facebook.

―― 誰が好き好んで、自分のパーソナリティを世間に晒すものか

“Who likes to expose their personalities to the world?"

と思っています。

I think that.

—–

と書いている途中に、気がつきました。

I realized the following when I was in the middle of writing this diary.

―― 毎日日記を公開し、毎月コラムをリリースしている私くらい、自分のパーソナリティを世間に晒している人間もいないだろうな

“I am the one who publishes a daily diary and releases a monthly column, and I am the one who is exposing my personality to the world"

と。

パーソナリティを知られたくなければ、先ずは、日記とコラムを停止すべきだ、という当たり前の事実に気がつきました。

I’ve come to the obvious fact that if I don’t want my personality to be known, I should shut down my diary and column first.

2020/11,江端さんの忘備録

Youtubeを見ていたら、たまたま見つけてしまったコンテンツです。

I just happened to find it while watching Youtube.

メチャクチャに笑いました。

I laughed at the mess.

もうすでに3回目の視聴に入っています。

I’m already on my third viewing.

—–

これから、娘が、男を自宅連れてくると思います。

Now, I think my daughter is going to bring a man home.

その時、これを見せて、その反応を見て、色々考えてみたいと思います。

I’d like to show this to him then and watch how he react to it.

―― これを見て、「何が面白いのか分からないような男」は、正直嫌だな

“I honestly don’t want to be a “guy who doesn’t know what’s funny"