2021/06,江端さんの忘備録

6月24(木)、飲食業として働いている嫁さんの出社前に、『今日、市役所から、接種券が届くので、1時間おきにポストを見ててね』と言い含まれていました。

On June 24 (Thursday), my wife, who works as a restaurant worker, told me that the vaccination coupons will be delivered from the city office today, so watch the mailbox every hour.

その日の午前中に、私は、自宅ポストへの投函を確認しました。

That morning, I found the vaccination coupon in my mailbox.

直ちに、市役所のサイトにアクセスして、近隣のクリニックを片っぱしから探しましたが、最短でも一ヶ月後になってしまうことが分かりました。

Immediately, I accessed the city hall's website and searched for nearby clinics, only to find that the earliest appointment would be a month later.

また大型接種会場も、すでに2回目の接種優先の為、受付が停止されていました。

Also, the large vaccination center had already stopped accepting applications for the second round of vaccinations due to priority.

私は、在宅勤務なのであまり焦っていないのですが、飲食接客業の嫁さんは、非常に焦っていました。

I wasn't in too much of a hurry because I work from home, but my wife, who works in the food and beverage hospitality industry, was in a great hurry.

-----

私からの、ざっくりした状況説明を聞いた後、嫁さんは、直接電話でのアクセスを試みました。

After listening to my brief explanation of the situation, my wife tried to access the phone directly.

コールセンタの男性は『随分遠い場所になるのですが・・・』と言っていましたが、夫婦そろって『どこにでも行きます!』と叫んだところ、4日後(本日、28日)の接種を紹介して貰えました。

The man at the call center said, "It's a long way from here, but...," but we both shouted, "We'll go anywhere!"

しかし、本当に遠かった。検索結果では「車で片道70分」となる、市内縦断コースでした。

But it was really far. According to the search results, it was a 70-minute drive one way, all the way across the city.

そこは、団地の中にある小さな診療所でした。

It was a small clinic located in a housing complex.

Googleストリートビューの写真には、おばあさんと猫が写っていました。

The Google Street View photo showed an old lady and a cat.

-----

15:00の予約に対して、私達が自家用車で指定されたクリニックに到着したのが、13:45ごろ。

For our 15:00 appointment, we arrived at the designated clinic by private car around 13:45.

車の駐車場(7台程度)が満車状態でしたが、待つこと5分、駐車場が空きました。

The parking lot for cars (about 7 cars) was full, but after 5 minutes of waiting, the parking lot became available.

そのまま、車の中で、ノートPCで、日記(これ)を書いていたところ、14:30頃、外で待っている人が減ってきたのので、問診表を提出し、番号"1"と"2"のクリアファイルをゲットしました。

I was writing my diary (this) on my laptop in the car. Around 14:30, the number of people waiting outside was decreasing, so we submitted our medical questionnaire and got a clear file with numbers "1" and "2".

一応自宅で検温はしたのですが、3本の体温計が、それぞれ 35.2度 36.3度 35.5度 とバラバラの結果になり、どれも信用できません。

I took my temperature at home, but all three thermometers gave different results, 35.2 degrees, 36.3 degrees, and 35.5 degrees, respectively, and I couldn't trust any of them.

しかし、クリニックで検温したら36.9度となっておりビックリしました。

However, when I took my temperature at the clinic, I was surprised to find that it was 36.9 degrees Celsius.

(嫁さんのクリニックの検温結果については、ここでは記載できないような値でしたが、自宅での検温結果を採用して貰いました)

(The results of my wife's temperature checked at the clinic were too difficult to be described here, so we asked them to adopt the results of her temperature check at home.)

-----

診療所の待合室の椅子に座っていたら、担当医師の方が簡単に説明をされた後、問診もなく、いきなり医師と看護師の方が、私達のところにやってきて、片っ端からサクサクと打ちまくっていました。

We were sitting in a chair in the waiting room of the clinic, and after a brief explanation by the doctor in charge, the doctor and the nurse suddenly came over to us, without asking any questions, and started crunching away at us from one end to the other.

診察室に入ることもない、待合室での接種 ―― 生まれて初めての体験でした。

It was the first time in my life that I was inoculated in a waiting room without even entering the examination room.

注射時間は1回で"5秒"くらい。1人あたりの対応は、30秒切っていました。

The injection time was about 5 seconds per injection, and the response time per patient was less than 30 seconds.

どういう注射針を使っているのか知りませんが、痛みが全くなくて、これにも驚きました。

I don't know what kind of needle they use, but I was surprised to find out that it didn't hurt at all.

そんなこんなで、本日 14:48に、第一回接種完了。

So, at 14:48 today, the first round of vaccination was completed.

15分間のアナフィラキー観察経過後、退室しました。

After 15 minutes of anaphylactic observation, we left the room.

このように記載していると『家畜の扱い』のようにも聞こえるかもしれませんが、非常に効率的で、よく工夫されています。

It may sound like 'livestock handling' when I describe it like this, but it is very efficient and well-designed.

正直、感動しました ―― 『場数を踏めば、システムは精錬されていく』をライブで見た、という気持ちです。

To be honest, I was very impressed -- I felt like I had seen a live performance of "The more times they do it, the more refined the system becomes.

-----

現状、これといった副反応はなく、仕事(特許明細書の執筆)に戻っています。

Currently, I have not had any adverse reactions and am back to work (writing patent specifications).

何かありましたら、またご報告致します。

I will keep you posted if there is anything else.

2021/06,江端さんの忘備録

『上手いなー』と感心しました。

I was impressed with how good it was.

テクニカルライティングのお手本のような文章です。

The text is a model of technical writing.

理系初学者の諸氏は、御一読下さい。

If you are a beginner in science, please read this text.

# お前のことだよ > 江端家次女

# It's you, my daughter.

―― 『読みやすい文章』っていうのは、こういうものさ

This is what "readable writing" is all about.

と言えるテキストです

-----

2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に伴う新型コロナウイルス感染拡大リスクに関する提言

Recommendations on the Risk of Spread of Novel Coronavirus Infection Associated with the Hosting of the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games

2021/06,江端さんの忘備録

書斎の床が、私が座っている椅子の脚に削られて、木片がささくれ出てくるようになりました。

The floor of my study was scraped by the legs of the chair I was sitting on, and spikes of wood began to wisp out.

その結果、足の裏にトゲが刺さるようになったので、椅子が動く範囲に小さなカーペットを敷くことにしました。

As a result, the spikes started to sting the soles of my feet, so I decided to put a small carpet over the area where the chair would move.

見苦しいですが、カーペットは布テープで固定して動かないようにしてあります。

It's unsightly, but the carpet is held in place with cloth tape to prevent it from moving.

ただ、定期的に布テープが破れてくるので、その度に、布テープを上から貼りつけ続けています。

However, the cloth tape tears periodically, so each time it happens, I keep putting cloth tape over it.

こんな感じです。

It looks like this.

このカーペットと布テープを見ていた時に

When I was looking at this carpet and cloth tape, I thought that it 

―― 憲法第9条(2項)みたいだ

Looks like Article 9 (Section 2) of the Constitution.

と思いました。


中島みゆきさんの歌「糸」風に語れば ――

In the style of Miyuki Nakajima's song "Ito"...

■縦のテープは、 PKO協力法成(1992)~♪

The vertical tape shows the PKO Cooperation Law (1992)-♪

■横のテープは、周辺事態法(1999)~♪

The horizontal tape is based on the Peripheral Situation Act (1999)-♪

■斜め左のテープは、防衛装備移転三原則(2014)~♪

The diagonal left tape is the Three Principles on the Transfer of Defense Equipment (2014)-♪

■斜め右のテープは、平和安全法制(2015)~♪

The diagonal right tape is the Peace and Security Law (2015)-♪

-----

私が何を言っているのかご理解頂けていないと思います(当然です)ので、こちらの「『あの娘が言った日』シリーズ」をご一読下さい。

I don't think you understand what I'm talking about (obviously), so please read the "The Day my girlfriend said" series here.

「さっさと『9条』を改正すればいいのよ」と、あの娘が言った日 (前編)

The Day my girlfriend said, "The Diet Should Just Amend Article 9" (Part 1)

「さっさと『9条』を改正すればいいのよ」と、あの娘が言った日 (中編)

The Day my girlfriend said, "The Diet Should Just Amend Article 9" (Part 2)

「さっさと『9条』を改正すればいいのよ」と、あの娘が言った日 (後編) 

The Day my girlfriend said, "The Diet Should Just Amend Article 9" (Part 3)

2021/06,江端さんの忘備録

夫婦別姓についての最高裁判決については、私はあまり語ることができません。

I cannot say much about the Supreme Court's decision on marital separation.

なぜなら、私は、氏名を「オブジェクト識別子」として認識しているからです。

Because I recognize a name as an "object identifier".

私は、誰もが、法定の成人時(18歳)に、自分の自由意思で、自分の好きな「名字」も「氏名」も、自分の好きな識別子に変更できれば良い、と思っているからです。

This is because I believe that everyone should be able to change both their "last name" and their "first name" to any identifier they want, of their own free will, at the age of legal majority (18).

一番近い考え方は、商標の「自他商品等識別機能」だと思います。

I think the closest way to think about this is the "self-discriminating function" of trademarks.

-----

「戸籍」というのは、システムエンジニアから見ると、非常に良くできたシステムです。

From a system engineer's point of view, the "family register" is a very well-designed system.

管理側(国家権力)にすれば、個人を家庭という箱(構造体)の中の構成要素として管理できることは、非常に便利なのです。

From the point of view of the controller (state power), it is very convenient to be able to manage the individual as a component in the box (structure) of the family.

家庭という枠組みさえあれば、家長という責任者、保護者、被保護者という役割ができて、ほっといても、この枠組みで、個人が管理されることになります。

As long as there is a framework of the family, the roles of patriarch, protector, and protected are created, and even if left alone, the individual will be managed within this framework.

# 同時に、虐待や性暴力やDVを発生させるという弊害も作り出していますが。

# At the same time, we are creating harm by generating abuse, sexual violence and domestic violence.

最大のメリットは「納税」です。家庭という単位で納税の総額をざっくり算出できるので、非常に便利なシステムなのです。

The biggest advantage of this system is tax payment. It is a very convenient system because it allows you to roughly calculate the total amount of tax payments in units of households.

高校まで生徒が「クラス」という単位で纏められていることを考えれば、理解しやすいかと思います。

If you think about the fact that students are grouped into "classes" until high school, it is easy to understand.

----------

『じゃあ、どうやって個人を管理するか?』と問われれば、もう既に存在しているじゃないですか ―― 『マイナンバーカード』が。

If you're asking, "Well, how do we manage individuals? I can answer that "My Number Card" already exists.

若い方々は、知らないと思いますが、今となっては、当然に存在する「マイナンバーカード」ですが、これ西暦2000年くらいまでは、「国民総背番号制度」という名前で、政府が提案する度に、国民に叩き潰されてきた制度です。

Younger people may not know this, but the "My Number Card," which exists today as a matter of course, is a system that was called the "Total National ID Number System" until about 2000 A.D. Every time the government proposed this system, it was crushed by the people.

私も、当然「叩き潰す側」でしたよ ―― そんなもの、国家に持たせたら、簡単にジョージオーウェルの「1984」の世界がやってくる、と信じていましたから。

Of course, I was on the side of the "crushers" -- I believed that if the state had such system, the world of George Orwell's "1984" could appear easily.

でもね、結局、監視カメラによって犯罪の特定がされて、GPSスマホによって位置情報を特定することが、なし崩し的に行われてきて、今は、誰も何も言わなくなりました。

But, you know, in the end, the crimes have been identified by surveillance cameras and located by GPS phones. And nobody doesn't say anything about them.

それどころか、ニュースで普通に放送されていますよね。それらの映像が。

On the contrary, those images are usually broadcasted on the news, aren't they?

つまるところ、我々は、「個人のプライバシー侵害」よりも、「犯罪を相互監視する安全な社会」を選んだのです。

At the end of the day, we have chosen a "safe society with mutual monitoring of crime" over "invasion of personal privacy.

文句を言う時間は、十分に与えられていたはずです。

I'm sure we've been given plenty of time to complain.

もっと具体的に言いましょう。

Let's be more specific.

「グーグルマップ ストリートビュー」に対して、差し止め裁判を起こした町内会、自治会は、全て裁判を取り下げました。

All of the neighborhood and community associations that filed lawsuits against Google Maps Street View have withdrawn their lawsuits.

この事実だけで、十分です。

This fact alone is sufficient.

ちょっと話が逸れました。

This is a bit off topic.

-----

私たちは、自らの意思で「国家に番号で管理されること」を受け入れたのです。

We have voluntarily accepted to be "controlled by the state with numbers".

ならば、国家の期待通りに、番号で管理されれば良いのです。

Then, we should be managed by numbers, as the state expects.

番号で管理されるのであれば、家という枠組みは勿論、名字も名前も不要となるはずです(形式的には残るでしょうが)。

If the system is managed by numbers, we don't need for households, or even for surnames and first names (although they will remain in a formal sense).

戸籍台帳を調べるのに、多くの役所の人を動員して数日かけていたとしても、今のコンピュータシステムであれば、数秒でその仕事を完了するでしょう。

If it used to take several days to mobilize a large number of government workers to look up a family register, today's computer system would complete the job in seconds.

コンピュータが個人を管理するのであれば、間違いなく、コストが安く、処理が早く、人件費のダイナミックな削減もできる。

If the computer manages the individual, it will undoubtedly be less expensive, faster to process, and reduce the dynamic of labor costs.

国家権力がコンピュータに介入しようとしたら、その証拠は残りますし、その証拠を消そうとすれば、その消す作業の証拠が残ります。

If the state tries to interfere with the computer, the evidence will remain, and if it tries to erase the evidence, the evidence of the erasing process will remain.

国家による恣意的な介入も、これまでになく難しく面倒なことになるのです(ただし、国家権力が本気を出せば、不可能ではありませんが)

Arbitrary intervention by the state would also be more difficult and troublesome than ever before (though not impossible, if the state power gets serious).

-----

で、話を元に戻しますが、

So, back to the subject at hand, I think that

―― 一体、裁判所も、立法(国会)も、『識別子の取扱い』ごときに、なんで、こんなにゴタゴタしていやがるんだ

"Why are the courts and the Diet in such a mess over the "handling of identifiers"?"

と思っています。

■夫婦別姓? ―― それどころか、"マイナンバー"で結婚届けを受理すればいいじゃん?

Separate surnames for married couples? -- On the contrary, why don't we just use "my number" to accept marriage registrations?

■氏名改名の権利? ―― 親権解除後に、自分の名前を自分が決定するのは当然の権利だろう?

The right to change one's name? -- After termination of parental rights, it is my right to decide my own name, isn't it?

■立法府(国会)や裁判所の判断の押しつけあい? ―― そりゃ、あんたたちが、氏名なる「記号」に、何かの幻想を持っているからだよ

Forcing the legislature (Diet) and the courts to make decisions for each other? -- That's just because you have some kind of illusion about the "symbol" that is your name.

って、普段から考えているんですよ、私は。

That's what I usually think about.

-----

その一方で、『ここまで徹底した"氏名 = 記号"の考え方に賛同してくれる人は、絶無だろうな』ということも分かっています。

On the other hand, I know that there are probably no people who would agree with such a thorough "name = symbol" approach.

実際に、今日のこの日記を読んで、ドン引きしている人は多いと思います。

In fact, I think there are many people who are reading this diary today and cannot understand my idea.

だから、私は黙っているのです(書いているけど)。

That's why I keep my mouth shut (just writing).

2021/06,江端さんの忘備録

先日の『ゼロリセット事件』以来、妙な脅迫観念に捕われています。

Since the recent "Zero Reset Accident," I have been caught in a strange kind of intimidation.

―― もし、kobore.netや、wp.kobore.netが、事故でクラッシュしたらどうしよう?

"What if kobore.net or wp.kobore.net is broken by a server crash or server attack?"

-----

昨年、WordPressの導入後、そのデータの簡単な格納/公開方法に、心底驚いています。

After installing WordPress last year, I have been truly amazed at how easy it is to store/publish data.

どんな情報も、手当たりしだいに、WordPressに放り込んでおくことで、同じ問題が発生した時に、簡単に検索できて、作業時間が恐しく短縮されています。

By simply throwing any information into WordPress at random, I can easily search for it when I encounter the same problem, saving me a horrible amount of my work time.

WordPressは、『私の2つめの脳味噌』といっても過言ではありません。

It's no exaggeration to say that WordPress is 'my second brain'.

『ゼロリセット事件』ですら、私はこれだけ衝撃を受けているのです。

Even "The Zero Reset Accident" is such a shock to me.

kobore.netや、wp.kobore.netが壊されてしまったら、もう、私は、立ち直れないような気がします。

If kobore.net and wp.kobore.net are destroyed, I don't think I'll be able to get back on my feet.

-----

勿論、私もコンテンツの定期的なフルバックアップは行っています。

Of course, I also do regular full backups of my content.

ただ、1993年から開始している私のホームページは、(ベースはテキストですが)膨大なものです。

However, the size of my website, which I started in 1993, is enormous (although the base is text).

『バックアップしたアーカイブが復元できなかった』なんて話は、いくらでもありますし、これまで私自身が山ほど体験してきたことです。

There are many stories of "backed up archives could not be restored," and I've experienced it myself many times.

-----

先日、無礼な後輩との会話の中で、

Talking with a rude junior colleague the other day,

―― 江端さんがこれまでの人生で書いてきた、100本の特許明細書が、特許庁のDBから消滅したら、どうします?

"Ebata-san. What would you do if the 100 patent specifications you have written in your life disappeared from the Patent Office's DB?"

と言われた時、

I mumbled to myself,

『マジで、自殺するかもしれない』

"Seriously, I think I might kill myself"

と、呟いてしまいました。

こちらでも書いていますが、自分で自分を認める為には「定量化された数値」が必要なのです ―― 少なくとも私には。

As I wrote here, I need a "quantified number" to recognize myself -- at least for me.

------

という訳で、「kobore.netや、wp.kobore.netが、事故でクラッシュした」時でも運用が続けられるように、先日、Raspberry Pi 4のセット一式を購入しました。

So, I bought a complete Raspberry Pi 4 set the other day so that I will be able to continue to operate it even when "kobore.net or wp.kobore.net crashes by accident".

これから、「kobore.netや、wp.kobore.net」の完全クローンのローカルサーバの構築と運用を開始します。

I am now going to start constructing and operating a local server that is a complete clone of kobore.net and wp.kobore.net.

まあ、時間はかかるでしょうが、サーバクラッシュや、サーバアタックの脅迫観念から解放される為には、私には、これしか思い付かないのです。

Well, it will take some time, but it is the only way I can think of to free myself from the threat of server crashes and server attacks.

 

2021/06,江端さんの忘備録

ここに記載しているように、EE Times Japanで記載して頂いているリンク先が、全て変わることになりました。

As noted here, all links to EE Times Japan has changed.

(数年の間は、リダイレクトされるらしいので、今すぐどうこうという訳ではないようですが)

(I know that they will be redirected for a few years, so it doesn't seem to matter right now)

当然ですが、私の日記やらその他のコンテンツは、EE Times Japanの記事へのリンクが、(誇張ではなく)山ほどあります。

Of course, my diary and other contents have a lot of (not exaggerated) links to EE Times Japan articles.

特に、kobore.netの日記には、膨大な数のリンクがあり、この対応を行わなければなりません。

In particular, there are a huge number of links in the kobore.net diary, and I have to deal with this.

で、今の私は、

And now I'm...

―― 自分のWebサイトのハッキング

"Hacking my own web site"

をやっている訳です。

-----

今、WordPressへのハッキング中ですが、上手くいっていません。

I'm in the process of hacking into WordPress, but it's not working.

『コンテンツの本体はどこにあるんだー!』と叫びながら、コンソール画面を睨みながら、キーボードを叩きまくっています。

"Where is the main body of content? !" I am shouting, with staring at the console screen and tapping at the keyboard.

====== 追記 ========

探していたら、ドンピシャなプラグインを見付けてしまいました。後で試してみたいと思います。

このプラグインをインストールしたら、一瞬で変換ができました ―― 便利です。

2021/06,江端さんの忘備録

私は日記やコラムを執筆する時に、自分の台詞の中に、自分の心の声含める時に、 "――" を、よく使います。

I often use "--" when I am writing a diary or a column, when I want to include the voice of my heart in my dialogue.

例としては、

An example is

『SNSで発信しているメッセージの内容 ―― 上品か下品か、知性的か痴性的か、話題や言葉の品格や品性 ―― が、どうであれ、』

"Regardless of the content of the messages they send on social networking sites -- whether they are classy or vulgar, intelligent or lascivious, dignified or decent in topic or language --

というような使い方です。

英語の関係代名詞的な使い方、と言えるかもしれませんが、テクニカルライティングの観点からは、あまりお勧めできる記載方法ではありません。

I could say that it is like using relative pronouns in English, but from the perspective of technical writing, it is not a recommended way of writing.

------

「化物語」シリーズで有名な西尾維新先生の作品には、特徴的な文章の記載方法があります。

In the works of Ishin Nishio, famous for the Bakemonogatari series, there is a distinctive way of writing.

主人公のセリフの括弧開き(かっこひらき)"「"に対して、括弧閉じ(かっことじ)"」"を省略する手法です。

This is a method of omitting closing parentheses in the main character's lines, as opposed to opening parentheses.

「君たちにとっては、この世界の滅びは、別ルートでの出来事なんだから

"For you, the destruction of this world is just another route.

「世界を救ってくれというのは僕の勝手なお願いで、聞く耳を持つ必要なんて全然ない

"Saving the world is just my selfish request, so you don't need to listen to it at all.

「でも阿良々木君、目の前の女の子は救った方が良い

"But, Araragi-kun, you should save the girl in front of you.

(たしか、こんな使い方だったと思います)

(I think this is how it was used.)

-----

多分、世界中のプログラマーの99%は賛同してくると確信しているのですが、私は、この括弧閉じ(かっことじ)"」"を省略する文体を見ていると、かなりストレスが堪るのです。

I'm sure 99% of the programmers in the world will probably agree with me, and I think this style of omitting parentheses to be quite stressful.

ネストエラーです。

It is "Nest error".

コンピュータ言語の多くは、その処理単位を定義するのに、"{","}"などの括弧を使います。

Many computer languages use parentheses such as "{","}" to define their processing units.

この括弧が、一対になってなければ、コンピュータが「処理できない」といって、コンパイルエラーになります。

If the parentheses are not paired, the computer will say that it cannot process them, resulting in a compilation error.

  for (int i = 0; i < PQntuples(res); i++) {
	for (int j = 0; j < nFields; j++) {
	  printf("%-15s", PQgetvalue(res, i, j));
	printf("\n");
  }

上記のリストでは、"{"の数と、"}"の数が対応してない為、エラーになります。

In the above list, the number of "{" does not correspond to the number of "}", resulting in an error.

で、これを見付けるのに、とんでもない苦労をすることがありますし、またネストを間違えて、プログラムが滅茶苦茶な動作をすることもあります。

So, I may have a hell of a time finding it, or I may make a mistake in nesting, and your program may behave like a mess.

「ネストが閉じていないステートメントは、見ていて辛い」のです。

Statements with unclosed nests are hard to watch for me.

-----

勿論、西尾維新先生の文体は、その表現方法も含めて完成したコンテンツですので、これは、これが「良い」のです。

Of course, the writing style of Nishio Ishin-sensei is a complete content, including the way he expresses himself, so this is "good".

―― ですが

However,

プログラマとしての私は、、

As a programmer,

「君たちにとっては、この世界の滅びは、別ルートでの出来事なんだから

"For you, the destruction of this world is just another route.

「世界を救ってくれというのは僕の勝手なお願いで、聞く耳を持つ必要なんて全然ない

"Saving the world is just my selfish request, so you don't need to listen to it at all.

「でも阿良々木君、目の前の女の子は救った方が良い」」」 ← この3つの括弧を書き込みたくて、仕方がないのです。

"But, Araragi-kun, you should save the girl in front of you"""

I can't help but want to write these three parentheses.

2021/06,江端さんの忘備録

私は、あと32日間に迫った東京五輪開催を支持する人間です。

I am a supporter of the Tokyo Olympics/Paralympics, which are only 32 days away.

このコロナ禍の最中での開催支持の理由はすでに述べてきた通り、これから100年間、世界中で使われることになるだろう「東京モデル」の確立です。

The reason for supporting the event in the midst of this corona disaster is, as I have already mentioned, to establish the "Tokyo Model" that will be used all over the world for the next 100 years.

私の考える「東京モデル」では、『無観客開催が望ましい』です。

In my view, the "Tokyo model" is to hold the event without an audience.

なぜなら、「東京モデル」は、従来の近代五輪イベントと決定的に違う形で運用されることになるからです。

This is because the "Tokyo model" will operate in a way that is decidedly different from traditional modern Olympics/Paralympics events.

それ故、その「差分データ」が大きな「財産」になります。そしてそれは ―― 人類に残せる財産となるはずです。

Therefore, the "differential data" will become a great "asset". And it will be an asset that can be left to mankind.

-----

我が国(日本国)は、これまで、世界に対して、非常に貴重で重要なネガティブなデータを提供し続けてきました。

Our country (Japan) has continued to provide the world with very valuable and important negative data.

近年においては、

In recent years,

- 史上最悪のレベル7における原発事故の事故/事故後対策(住民避難、廃炉、住民帰還(しかも、廃炉と同時進行の))

- Accident and post-accident measures (evacuation, decommissioning, and return of residents (and simultaneous decommissioning)) for the worst Level 7 nuclear power plant accident in history.

- バブル経済破綻後の、10年以上にも及ぶ国内不況と、それに対する各種の財政対策

- After the collapse of the bubble economy, the domestic recession lasted for more than 10 years and various fiscal measures were taken to cope with it.

- 世界で最先端である少子高齢化の進行と、(効果の有無はどうあれ)それに対する対策

- The world's most advanced aging society with a declining birthrate and measures to deal with it (whether effective or not).

もう少し戻れば、

A little further back,

- 高度経済成長期における経済最優先対策によって引き起された公害事件と、その被害、裁判記録、損害の算定

- Pollution incidents triggered by economic priority measures during the period of rapid economic growth, their damage, court records, and calculation of damages.

さらに戻れば、

Going back even further.

- 民間人の殺害を目的とした原爆被害の実体

- The reality of atomic bomb damage aimed at killing civilians.

- 戦後の復興

- Postwar Reconstruction

-----

我が国は、膨大かつ貴重なデータを、世界に提供してきた『ネガティブデータ先進国』です。

Japan is a "negative data advanced country" that has provided the world with a vast amount of valuable data.

そして、多くの国の政府は、日本のユースケースを前提として、各種の政策を実施できたはずです(実際に、『日本のバブル』は世界中の金融政策のバイブルとなっているとか)。

And governments in many countries could have implemented various policies based on the Japanese use case (in fact, "Japan's Bubble" has become a bible for monetary policy around the world).

無論、こんなこと、避けれるものであれば、避けたかった ―― 多くの人が苦しみ、現在も苦しみ続けて、そして死んでいった(殺されていった)。

Of course, we would have avoided this if we could have -- many people have suffered, continue to suffer, and have died (or been killed).

ですが、起こってしまったことであるなら、その知見は有効に使われるべきです。

But if it has happened, the findings should be put to good use.

-----

東京五輪の開催によって、コロナの第5波がくるのは、確実 ―― というか、誰が考えたって『確定した未来』です。

With the Tokyo Olympics/Paralympics, the fifth wave of Corona is sure to come -- or rather, it's a "definite future.

ならば、東京五輪の開催によって発生するであろう負の側面を、可能な限り高精度に記録しておくべきです。

Then the negative aspects that will be generated by hosting the Tokyo Olympics/Paralympics should be recorded with the highest possible accuracy.

このような一か八かをかけた国際的イベントを実施するのであれば、そのイベントを、可能な限り非日常的態様 ―― 無観客開催で ―― 実施することで、有意な『差分』が観測できるはずです。

If we are going to hold an international event like this, we should hold it in as unusual a manner as possible -- without an audience -- so that we can observe a significant "difference".

-----

これが、これからの100年間で、何回かは発生するであろうパンデミックに対して、世界中の大規模イベントに対して示せる

This can be shown to large-scale events around the world in response to pandemics that are likely to occur several times over the next 100 years, whose name is

「東京モデル」

"Tokyo Model"

です。

2021/06,江端さんの忘備録

二階の子ども部屋に面した開き窓には、軒(のき)が付いていないので、雨が降り込みやすくなっています。

The open window facing the children's room on the second floor does not have eaves, which makes it easy for rain to fall in.

なので、軒下を作れないかと、嫁さんから相談を受けていました。

So, my wife asked me if I could make an eave.

しかし ――

However,

■外壁に穴を開けたくない

- I don't want to make a hole in the exterior wall.

■鉄パイプ系加工にはノウハウがない

- I have no expertise in steel pipe processing.

■材木は耐久性に問題がある

- Lumber has durability issues.

■プラスチックトタンは、見栄えが安っぽい

- Plastic tin is cheap looking.

と、今週末ずっと考えていたのですが、ある瞬間に気がつきました。

I've been thinking about it all weekend, and then I had a moment of realization.

―― 軒下を作ることは目的ではない。手段だ

"Building an eave is not an end. It's a means to an end"

-----

という訳で、現在、Amazonから部品を取り寄せて、対応中です。

So I'm currently ordering parts from Amazon to handle this.

後日、結果をお知らせします。

I will inform you of the results later.

2021/06,江端さんの忘備録

私は、大日本帝国陸軍の研究機関「731部隊」も、「ソンミ村虐殺事件」も、「クメール・ルージュによる虐殺」も、ボスニア紛争の「民族浄化」も、一通り、説明できる程度には知っています。

I know enough about Unit 731, the research institute of the Imperial Japanese Army, My Lai Massacre, Les Khmers rougesm, Ethnic Cleansing" in the Bosnian Conflict, and could give you an overview.

その中でも、特に、ナチスドイツのアウシュビッツについては、色々調べました。

Among them, I did a lot of research, especially about Auschwitz in Nazi Germany.

ユダヤ人でありながらナチスの大量虐殺に加担させられた「ゾンダーコマンド」についても知っています。

I also have known about the "Sonderkommando" who were forced to be part of the Nazi genocide despite being Jewish.

という訳で、もう滅多なことでは、驚かないつもりでしたが、NHKスペシャル「アウシュビッツ 死者たちの告白」を見て衝撃を受けました。

I thought I would never be surprised by anything, but I was shocked when I saw the NHK special "Auschwitz: Confessions of the Dead".

―― 1943年の段階で、連合国の政府は、アウシュビッツの大量虐殺を知っていた

"As early as 1943, the Allied governments knew about the genocide at Auschwitz"

ぶっちゃけ、私は、その事実を知りませんでした。

To tell you the truth, I did not know the fact.

「大量虐殺の阻止に動けば、ドイツはユダヤ人を絶滅ではなく他国に追いやる方針に転換する恐れがある」

"If we move to stop the genocide, Germany could switch to a policy of driving Jews to other countries rather than exterminating them"

「我々がユダヤ人を積極的に受け入れることになれば、人々の不満が政府に向くことになるだろう」

"If we were to actively accept Jews, people's frustration would be directed at the government"

つまり、『世界はユダヤ人を見捨てた』のです。

In other words, 'the world has abandoned the Jews.

-----

もちろん、それはショックではあったのですが、それ以上に、私は『アウシュビッツ収容所に、ポーランドの諜報員が潜入していた』という事実に衝撃を受けています。

Of course, it was a shock, but more than that, I was shocked by the fact that Polish agents had infiltrated the Auschwitz camp.

ポーランドの亡命政府と諜報員たち イメージ図

『命懸けの任務』ってよく使い回されるフレーズですけど、『絶滅収容所の中で、諜報活動を遂行するって、それ本当に人間?』って思いました。

The phrase "life-threatening mission" is often used, but I wondered if there were people who could carry out intelligence activities in an extermination camp.

私、これを知った時、『これまでも、そしてこれからも、国家権力に逆らうようなことは絶対にしない』と、改めて誓いました。

When I learned of this, I vowed once again, "I have never, and will never, do anything that goes against the power of the state.

国家権力が本気を出したら、私を消すなんてこと、本当に造作もないことのはずですから。

If the state power gets serious, it really shouldn't be a big deal to erase me.

ちなみに、私の家族からは『そういうことになったら、(家族を当てにしないで)自力で逃げてね』と、言われています。

By the way, my family has told me, "If it comes to that, run away on your own (don't rely on us)"

-----

『私達は世界中から見捨てられた』 ―― この事実だけで、イスラエルとしては十分なのでしょう。

The fact that "we had been abandoned by the world" is enough for Israel.

先月の、パレスチナのガザ地区を実効支配するハマスに対する、あの苛烈とも言えるイスラエルの報復攻撃を見ても明らかです。

This is evident in last month's ferocious Israeli retaliatory strike against Hamas, which effectively controls the Palestinian Gaza Strip.

単純に死者数を見ても"10倍返し"ですが、2014年での紛争では、死者数比率 パレスチナ:イスラエル = 1221人:56人で、"20倍以上返し"です。

Simply looking at the number of deaths, it is a "tenfold return. In the 2014 conflict, the death toll ratio was Palestine : Israel = 1221:56, a "return of more than 20 times".

# この比較自体が、非人道的でナンセンスという批判は、甘んじて受けるつもりです。

# I'm going to indulge the criticism that this comparison itself is inhumane and nonsense.

------

今さらながら、ですが ――

After all this time

イスラエルは『世界は、これまでも、これからも、何度でも私たちを見捨て続ける』と思っているんだろうなぁ、と思っています。

I wonder if Israel thinks that 'the world has and will continue to abandon us again and again.