2021/12,江端さんの忘備録

先日、国会議員関係政治団体を、政治家の名前で紐付けして、オンライン提出を無視している比率(オンライン提出無視率)を算出しました。

The other day, we calculated the percentage of online submissions ignored (online submission ignorance rate) by linking Diet member-related political organizations with the names of politicians.

で、その翌日、警察から電話がかかってきて、正直、青冷めました。

The next day, I received a phone call from the police, and to be honest, I was blue in the face.

―― え? 政治家本人じゃなくて、警察? 抗議も、警告も、訴状もなしで、いきなり警察? いきなり刑法案件か?

-- What? Not the politicians themselves, but the police? No protest, no warning, no complaint, and now the police? Is this suddenly a criminal law case?

と、焦っていたら、

While I was in a panic,

こちらの「"権力の犬" called by 長女」の件での連絡でした。

The police contacted me about this "'power dog' called by my senior daughter".

なんでも、「業務完了」されたとこのとで、その後の手続についてのご相談の電話でした。

He told me that he had completed his work and called me to ask about the procedures to be followed.

安堵の溜息をつきました。

I sighed in relief.

-----

ちなみに、警察への協力の内容は、(当然ですが)お話することはできません。

By the way, needless to say, I can't tell you the details of my cooperation with the police.

悪しからずご了承下さい。

Please accept our apologies.

2021/12,江端さんの忘備録

私、掲示板への質問というものにトラウマがあります。

I am traumatized by asking questions on a forum.

それは、こちらにも書いてきましたが、"fj"というニュースグループで、散々嫌な目にあってきたからです。

This is because, as I have written here, I have had a lot of bad experiences with the "fj" newsgroup.

昔、このネタで書いた記憶が残っていたので、自分のサイトを検索してみました。

I still remembered that I had written about this story a long time ago, so I searched my website.

『丸め誤差』で検索したら、出てきました。

I did a search for "rounding error" and it came up.

そして、あの時の不快感がよみがえってきました。

Then, the discomfort of that moment came back to me.

『稚拙な質問があった時には、何も言わないで、無視する』 ―― なぜ、その程度の優しさが発動できないのか。

If you take a poor question, don't say anything and ignore it" -- why can't you invoke that level of kindness?

-----

私は『他人を教え導く』などということに興味がないので、基本的に他人に説教などはしません。

I am not interested in "teaching and leading others," so I basically do not preach to others.

そして、人に説教をたれるというのは、年配にとって「最高のエンタテインメント」である、ということも知っています。

I also know that preaching to others is the "best entertainment" for the elderly.

私は、そんな下品なイベントに参加するつもりはありません。

I have no intention of participating in such a vulgar event.

加えて、私は、態度が悪い後輩や、非常識な言動をする同僚も、私に類が及ばない限りは、無視し続けます。

In addition, I continue to ignore juniors who have bad attitudes or colleagues who say or do insane things, as long as they do not harm me.

-----

ところで、今朝、

By the way, this morning,

======

『感染者数がワクチン接種によって減ったというのはただの認知バイアスですよ。

詳しい人のTwitterアカウントを載っけておきます』

"The idea that vaccination has reduced the number of infected people is just a cognitive bias.

I'll post the Twitter accounts of those who know more."

======

とだけ、メールに書いて、私に出してきた人。

That's all he or she wrote in his or her email and sent it to me.

『人のアカウントを引用するのは良いとして、自分の言葉として"論"を作る労も取らずに、2行程度のメールを人に押しつけるとは、なんという無礼な人だ』

"Quoting someone's account is fine, but forcing a two-line email on someone without taking the time to create an "argument" in your own words is just plain rude"

などと、説教するつもりはありませんので、ご安心下さい。

I'm not going to preach to you with the above lines, so please don't worry.

ただ、こんな不誠実で無礼なメールに対応するほど、私も寛容ではないので、当然に『無視』させて頂きます。

However, I am not tolerant enough to respond to such insincere and rude e-mails, so I will naturally 'ignore' you.

-----

「では、どういうメールだといいのか?」に対する回答として、こちらのサンプルを提供しておきます。

In response to the question, "So what kind of email would you like to see?" Here is a sample to answer the question.

ポイントは、『自分の言葉で語っているか』という、その一点に付きます。

The point is, "Are you speaking in your own words?

2021/12,江端さんの忘備録

私、2013年の段階で、未婚予想率を算出していました。

In 2013, I had calculated the expected rate of unmarried people.

まあ、当時は、あまり深刻に考えずに、「こういう可能性もあるよ」という警鐘のつもりで、このような机上シミュレーションを出していましたが ――

Well, at the time, I didn't take it too seriously and put out these desk simulations as a warning bell that this was a possibility.

最近、『2040年に、人口の47%が未婚者になる』という予測が出ているのを知って、正直驚きました。

To be honest, I was surprised to learn recently that 47% of the population will be unmarried by 2040.

ちなみに私の算出した未婚率の予測式(男性 0.6417x - 1270.7, 女性 0.6417x -1280.0 x:西暦)に当てはめると、ざっくり"34%"でした。

By the way, if you apply my formula for predicting the unmarried rate (0.6417x - 1270.7 for males, 0.6417x -1280.0 for females x: Western calendar), the rate is roughly "34%".

しかし、以下の表の見方では、概ね一致しているように思えます。

However, in the view of the following table, it seems to be generally consistent.

-----

2013年当時、データを睨みながら『これ線形(式)じゃないかもしれないなぁ』と、不吉な予感を感じていました。

Back in 2013, as I stared at the data, I had an ominous feeling that "this might not be linear (equation).

特に、女性の生涯独身率に、指数関数的な増加の兆候が見られたからです。

This is because there are signs of an exponential increase, especially in the lifelong singleness rate for women.

しかし、これを加味すると、男性の生涯未婚率が、女性独身率に影響をモロに喰らって、とんでもない値に跳ね上がるので、そのコラムの執筆時には、日和(ひよ)りました。

However, if this is taken into account, the lifetime unmarried rate for men would jump to a ridiculous value, as the female unmarried rate would be greatly affected. At the time of writing that column, I decided I waited and saw.

が、結果として、『日和(ひよ)る必要はなかった』ようです。

As it turned out, there was no need to be cautious.

-----

私、かなり以前から、『非婚がデフォルトの社会システムを考えなければ』てなことを、色々なところで言ってきたつもりなのですが、誰も(会社も)まともに取り合ってくれませんでした。

I've been saying for quite some time that we need to think about a social system where non-marriage is the default, but no one (not even the company) has taken me seriously.

いずれにしろ、少子化社会は確定です。

In any case, a society with a declining birthrate in Japan is certain.

人間を前提としない社会システムの構築が急務です。

There is an urgent need to build a social system that does not assume human resources.

-----

そして、今だに『結婚というシステムを前提とした出産』などという、タルいことを言い続けていれば ――

And if we continue to talk about "childbirth based on the system of marriage" and other nonsense others,

『ゼロエミッション』は、二酸化酸素より先に、人口の方で、簡単に実現されてしまうでしょう。

"Zero emissions" will easily be achieved by the population before oxygen dioxide.

2021/12,江端さんの忘備録

最近、ようやく、コンビニの酒類の棚の前で、立ち止って陳列を眺めることができるようになりました。

Recently, I was finally able to stop in front of the liquor shelves at a convenience store and look at the displays.

目をつむって、早歩きで通過していた日々にも、ようやくケリが付きそうです。

The days of closing my eyes and walking fast past are finally coming to an end.

そういえば、禁煙後に煙草が欲しいと思い続けた期間は、3週間くらいで、断酒後にお酒が欲しいと思い続けた期間は3年間でした。

Come to think of it, the period of time I kept wanting cigarettes after quitting smoking was about three weeks, and the period of time I kept wanting alcohol after sobriety was three years.

『期間』に、大きな違いがあります。

There is a big difference in the "duration".

思い出してみれば、喫煙していた期間は9ヶ月でしたが、飲酒していた期間は30年以上でした。

As I recall, I had been smoking for 9 months, but drinking for over 30 years.

摂取期間が長いほど、それを断つのが辛いと感じる期間も長くなるのかもしれません。

The longer you take it, the longer you may find it hard to give it up.

-----

断酒のきっかけは、「次女の大嫌いな英語勉強を、次女に『やれ!』と命令する権利の獲得」の為でした。

The reason for my sobriety was to "win the right to order my second daughter to study English, which she hates.

英語に愛されないエンジニアである私が、他人に対して「英語を勉強しろ」と言うからには、それに相応わしい負荷を自分に与えなければならないと考えたからです。

As an engineer who is not loved by English, I thought that if I was going to tell other people to "study English," I would have to give myself an appropriate load.

まあ、こうして断酒はスタートしたのですが ―― 最初に現われた現象は「肩凝り」がなくなったということでした。

Well, that's how my sobriety started -- the first thing that appeared was that my shoulders were no longer stiff.

「減量」は顕著に現われました。

The "weight loss" was noticeable.

そして決定的だったのが、「不眠症の劇的な改善」です ―― 「お酒がなくても入眠できる日々」は、私にとっては「お酒を自由に飲める権利」と十分に交換可能でした。

And, crucially, the "dramatic improvement in insomnia" -- "the days when I could fall asleep without alcohol" were, for me, fully interchangeable with "the right to drink alcohol freely".

あと、睡眠時間が短かくなったとしても、仕事やコラム執筆に長時間集中できるようになった、という点も、非常に大きかったです。

Another very important point is that I can now concentrate on my work and column writing for a longer period of time, even if I have to sleep less.

まあ、睡眠については、今もセルシン(安定剤)と二人三脚の状態ではありますが、セルシンの使用量もかなり減ってきています。

Well, as for sleep, I am still on a tripod with Sercin (stabilizer), but the use of Sercin is decreasing considerably.

-----

お酒を楽しむマンガ、例えば、「ワカコ酒」など読もうものなら、以前なら発狂しそうになったものですが ――

In the past, I would have gone crazy if I tried to read a manga about drinking, such as "Wakako Sake".

今は、冷静に読むことができるようになりました。

Now I am able to read calmly.

今後、断酒した人、または、下戸向けの「ワカコ酒」のようなコンテンツが登場してくることを期待しています。

In the future, I expect to read content like "Wakako Sake" for those who have quit drinking, or for those who are sober.

-----

ところで、今、私が実施しているのは、「禁酒」ではなく「断酒」です。

By the way, what I am doing now is not "quit drinking" but "stop drinking".

『今後一生お酒を飲まない』と考えている訳でありません。

It's not that I think I'll never drink alcohol forever.

例えば、『末期宣告をされた日』は、『断酒解除の日』と決めています。

For example, I decide that the day I was diagnosed as terminally ill would be the day I would lift my sobriety.

ただ、その時、「お酒を美味しく飲めるのだろうか」ということが心配です。

However, I am worried about whether I will be able to enjoy drinking alcohol at that time.

先日、梅酒を少し舐めただけで、顔が真っ赤になるという醜態を晒したばかりですので。

Just the other day, my face turned bright red after licking a little plum wine.

-----

それにしても面白くないのは、次女のもの言いです。

But what makes me uncomfortable is the way my second daughter talks to me.

『パパの健康と長寿の為に、私は、"英語に愛されない次女"を、これからも続けなければならない。ああ辛い』

"For the sake of your health and longevity, I must continue to be the 'second daughter unloved by English'. Oh, the pain.

―― と。

いや、もう、お前(次女)の英語の勉強と、私の断酒のリンクは、すでに切れているぞ。

No, the link between your (my second daughter's) English study and my sobriety has already been broken.

それ以前に、『英語抜きで理系(リケ女)の人生を生きる』って無理だろうって思うのですが ―― もしかして、今は、可能なのでしょうか?

Before that, I think it would be impossible to "live the life of a science major without English" -- maybe it's possible now?

2021/12,江端さんの忘備録

今、Go言語を勉強しているのですが、ちょっと難しさが半端ではありません。

I'm learning the Go language now, and it's quite difficult.

私がこれまで作ってきたプログラムの実装を、Go言語で実現する手段が分からないからです。

This is because I don't know how to implement the programs I've been working on in the Go language.

C言語の場合、ハードウェアのイメージ(メモリやらCPUやら)を頭の中に作って、そこに線図を引くことでイメージできるので、凄くラクです。

In the case of C, it is very easy to create an image of the hardware (memory, CPU, etc.) in my mind and draw a line diagram on it.

しかし、Go言語は、いわば、大量の超軽量スレッドもどき(正確にはgoroutineという)が、オブジェクト間で縦横無人にメッセージを交換しあうので、普通のデバッグでは対応できそうにありません。

However, the Go language is very difficult to debug because of the large number of ultra-light threads (goroutines, to be precise) that exchange messages between objects unattended.

goroutineは、外部からの干渉もしにくいので、コーディングがしにくいです。

'goroutine' is also difficult to code because it is not easily interfered with from the outside.

それはさておき。

That aside.

-----

運動不足解消のため、iPadで映画を見ながら、夜の町内を歩いております。

I am walking around the city at night, watching movies on my iPad to get some exercise.

Amazon Primeで「サムライせんせい」を見ました。

I watched "Samurai Sensei" on Amazon Prime.

土佐勤王党盟主の武市半平太が、現在にタイムリープする物語です。

This is the story of Takeichi Hanpeita, the leader of the Tosa Kinnoto Party, who makes a timely leap to the present.

過度で派手な演出もなく、ストーリーとしても落ち着いたものでしたが ―― 面白かった。

It was not overly flashy, and the story was calm -- but it was interesting.

最近の私は『こういう映画がいい』と思えるようになってきました。

Lately I've been able to think, 'I like the movie like this'

竜馬や信長は、もう十分です。

I've had enough of Ryoma and Nobunaga.

2021/12,江端さんの忘備録

私、「気が狂うほど勉強をし続けた10年間」がありました。

I had "ten years of crazy studying".

実際、気が狂って、電車のレールの上に落ちていきそうになった ―― という話は、こちらに書きました。

In fact, I almost went crazy and fell onto the train rails -- I wrote about it here.

夢は「持つ」より「捨てる」方がはるかに辛いです。

It is much harder to "throw away" a dream than to "have" one.

しかし、それを認識して、勇気を持って「捨てる」を実施しないと、命を落しかねません。

However, if we do not recognize this and courageously implement "discarding", we may lose our lives.

ですので、歌番組等で、『夢を持つことの素晴しさ』だの、『夢を諦めるな』てな若いミュージシャンの安直な歌詞を聞いていると、同世代の若者への『洗脳』が本気で心配になってきます。

Therefore, when I listen to young musicians on singing programs and hear their simple lyrics such as "It's wonderful to have a dream" or "Don't give up on your dream," I am seriously worried about brainwashing the youth of their generation.

加えて、

In addition,

―― いずれ売れなくなる(ことが運命づけられている)ミュージシャンである彼らの未来が、本気で心配です

"I'm seriously worried about their future as musicians who will eventually stop selling (and are destined to)"

この辺は、こちらの、「5年以上芸能界に残って活動ができている芸能人は、1万人に1人」の、私の計算結果をご覧下さい。

For more information on this, please see my calculation of "1 in 10,000 entertainers who remain active in the entertainment industry for more than 5 years" here.

それはさておき。

But that's beside the point.

-----

その「気が狂うほど勉強をし続けた10年間」で知ったのですが、社会人で勉強をしている人は、凄く多いです。

During the "ten years of crazy studying", I know there are many adults who are studying after their working.

私、ファストフード店で、コーヒーを頼んで、2~3時間、勉強に集中する日々を、10年間続けてきましたが、どんな店に入っても、必ず1~2人はいたものです。

For the ten years, I would order a cup of coffee at a fast food restaurant and concentrate on my studies for two to three hours. And no matter what kind of restaurant I entered, there would always be one or two people like me there.

しかし、私の場合、「スタバ」と「マック」にだけは行きませんでした。

However, in my case, I did not go to "Starbucks" and "Mac"

「スタバ」のコーヒーは高価すぎるし、座席の混在が酷い。

The coffee at Starbucks is too expensive and the seats are badly mixed.

「マック」のコーヒーは不味く、空調が酷い(寒いか暑い)。

The coffee in "Mac" is bad and the air conditioning is terrible (cold or hot).

私の場合、通勤途中の人の出入りの少ないローカル駅の近くにポツンと立っている「モスバーガ」か「KFC」を使っていました。

In my case, I used to use the "Mossberg" or "KFC" that stood poking around near the local train station with few people coming and going on the way to work.

もちろん、ハンバーガーなどは頼まず、ひたすらコーヒー1杯のみで粘りました。

Of course, I didn't order a hamburger, but just a cup of coffee.

夜9時以降はお客もいなくなり、心理的な抵抗も少なくて済みました。

After 9:00 p.m., there were no more customers, so there was less psychological resistance.

店員に迷惑がられた、という記憶もありません ―― まあ、暗黒オーラを出している時の私に、声をかけられる店員がいなかっただけかもしれませんが。

I don't remember any shopkeepers bothering me -- well, maybe there just weren't any shopkeepers who could talk to me when I was giving off a dark aura.

-----

ともあれ、結果として、私は、10年間の時間を失いました。

Anyway, as a result, I lost 10 years of my life.

『あの10年、全くの無駄だった』と思うと、やはり悔しい思いはあります。

I still feel frustrated when I think that those 10 years were a complete waste.

もっと、良い時間の使い方があったのではないかと思うし ―― 客観的に見て、私は数多くのチャンスを見逃してきたと思います。

I think I could have used my time better, and -- objectively speaking -- I think I've missed a lot of opportunities.

今、こうして日記を書いている時間も、同じように、無駄な時間を使っているのかもしれません。

The time I'm spending writing this diary may be wasted in the same way.

-----

しかし、未来の私に見えるかもしれない後悔は、今の私には見えない後悔です。

But the regret that I may see in the future is a regret that I cannot see in the present.

後悔はしたくないけど、これからも私は後悔し続けるのでしょう。

I don't want to regret anything, but I know I will continue to regret something.

そして、人生最期の時に、この『迷走しつづけている私の人生』を、『迷走しつづけた人生だった』と総括することになるんだろう、と思っています。

I think that at the end of my life, I will sum up this "life of mine that has been a constant wandering" as "a life that has been a constant wandering".

2021/12,江端さんの忘備録

「入門WebAssembly」と言う本が出版されるようです。

It seems that a book called "Introduction to WebAssembly" is being published.

もの凄く読みたいのですが ―― 高い。

I want to read it so badly, but -- it's expensive.

(WebAssemblyの日本語の本、まだ3冊くらいしかないみたいです)

(It seems that there are still only about three books on WebAssembly in Japanese)

私、技術書の値段は概ね適正だと思っていますが、問題は、技術書の提供してくる内容と、私が欲する知識の内容がマッチしないことがあるのです。

I believe that the price of technical books is generally fair, but the problem is that sometimes the content of the technical book does not match the content of the knowledge that I want.

(1)本の内容が「難しすぎる」か「簡単すぎる」、または

(1) The content of the book is "too difficult" or "too easy," or

(2)「本が提供する情報」と「私が知りたい情報」がマッチングしない

(2) "Information provided by the book" and "Information I want to know" do not match.

ということが多いからです。

are often the case.

そういえば、私、ビットコインについては、現時点で出版されている本のほとんどに目を通したと思うのですが ――

Speaking of which, I think I've read through most of the books published on Bitcoin at this point -- and I'm not sure I've ever read anything else.

私が知りかった「ビットコインの信用」について記載されている本は、1冊しかありませんでした。

There was only one book describing "Bitcoin trust" that I could find.

その1冊であっても、マッチングは15%程度だったかなぁ、と思います。

Even for that one book, I think the matching was about 15%.

まあ、それはさておき。

Well, that's beside the point.

-----

それにつけても、WebAssembly、勉強したいです。

I would like to learn WebAssembly.

師匠のSさんに教えてもらったこのデモを見てから、この技術をGISのビューアに転用したいとずっと考えています。

Ever since I saw this demo that my mentor, Mr. S, taught me, I have been thinking of converting this technology into a GIS viewer.

自分でも、色々やってきました。

I've done a lot of work on my own.

問題は、今は、これよりも優先してやらなければならばならないこととがあることと、その本が「当たり」か「はずれ」か、分からないことです。

The problem is that now I have to prioritize what I have to do over this, and I don't know if the book is a "hit" or a "miss".

うーん、どうしようかなぁ。

Hmm, I wonder what I should do.

2021/11,江端さんの忘備録

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

踊るバズワード ~Behind the Buzzword(16)STEM教育(4)

GIGAスクール構想だけでは足りない、「IT×OT×リーガルマインド」のすすめ

Dancing Buzzword-Behind the Buzzword(16) STEM education(4)

The GIGA school concept is not enough, "IT x OT x Legal Mind" is recommended

 

-----

中国(大陸の方)では、高齢者がスマホを使い倒しているらしいです。

In China (the mainland), I heard that the elderly are using their smartphones to the fullest.

理由は単純で、

The reason is simple.

『政府は行政サービスをスマホで提供している。使う/使わないは、お前たちの勝手だ』

The government is providing government services through smartphones. It's up to you to use it or not."

と言い切って、スマホを使わない人をバッサリと切り捨てているそうです。

They seem to be cutting off people who don't use smartphones by saying the above.

スマホを使えなければ、生きていくことができない ―― そりゃ、だれだって、命懸けでスマホの操作を覚えるでしょう。

If they can't use a smartphone, they can't live -- anyone would risk their life to learn how to use a smartphone.

-----

この話、結構、残酷なこと言っていると思いますが ―― 私も会社の中では同じような目にあっています。

I think this story is pretty brutal -- however, I've been through the same thing in my company.

会社は、社員の意見など聞くことなく、勝手に業務システムを変更してしまいます。

Companies change their business systems at will, without listening to the opinions of their employees.

それまで、蓄積してきたオペレーションの知識は、その瞬間、ドブに捨てられます。

At that moment, all the operational knowledge I have accumulated will be thrown away.

また1から、いや、ゼロから、学び始めなければなりません。

I have to start learning again from even scratch.

そして、どんなに恥しくても、大声で『助けて下さい!』と叫べない奴は ―― (社内で)死にます。

And those who can't shout out loud, no matter how embarrassing, "Please help me! (within the company) " will die.

面子もプライドもあったもんじゃありません。

There is no honor, no pride.

『無様に泣き叫ぶシニアたち』―― これが、ITシステムを使わされている世界の現状です。

"Senior citizens crying out in vain." This is the state of the world in which we are forced to use IT systems.

-----

という訳で、(今回のコラム以外の方法では)「デジタル競争力世界第28位」から挽回する為には、

So, in order to recover from being "the 28th most digitally competitive in the world" (in ways other than this column), we need to make citizens who

■大声で『助けて下さい!』と叫べぶことができるようになり、

- are able to shout out, "Please help me! in a loud voice, and

■そこに手を差し延べることができるになる

- are able to reach out to the voice.

国民の育成だと思うのです。

だから ―― 私を含めて、高齢者の皆さんは諦めて下さい。

So -- please give up, all you elderly people, including me.

「『無様に泣き叫ぶシニア』になる勇気」 ―― これが、私たちに残された老後戦略なのです。

"To be a wailing old man". This is the only retirement strategy we have left.

2021/11,江端さんの忘備録

「政治資金収支報告書のオンライン提出を怠っている政治団体を全部開示する件」で書いた通り、先程、郵便局から、行政文章開示請求書を送付してきました。

政治資金収支報告書のオンライン提出を怠っている政治団体を全部開示する件

As I wrote in my article "Disclosure of All Political Organizations Failing to Submit Political Fund Balance Reports Online," I went to the post office and submitted the Administrative Text Disclosure Request Form to Ministry of Internal Affairs and Communications (formerly Ministry of Public Management, Home Affairs, Posts and Telecommunications).

きっと記載不備を指摘されて、何回か再提出することになると思いますが ―― 完全正確な書類を作成する時間よりは、そっちの方が時間が短い(ことが多い)です。

I'm sure I'll be pointed out as incomplete and I'll have to resubmit several times -- that's less time (and often more) than it takes to create a completely accurate document.

私は、これを"ping処理"と読んでいます。

I call this "pinging".

Ping(ピンガー)とは、潜水艦が、敵潜水艦、または、駆逐艦等の洋上戦艦の位置を特定するために使われる、アクティブソナーの発する音波のことです。

A Pinger is a sound wave emitted by an active sonar used by a submarine to locate an enemy submarine or an offshore warship such as a destroyer.

ネットワークの世界では、ターゲットのマシンの稼動を確認する為に、">ping (相手のIPアドレス等)"というコマンドインターフェースで使われています。

In the network world, the command interface ">ping (e.g. IP address of the other machine)" is used to check the operation of the target machine.

要するに「メッセージを投げつけられたら、応答せざるを得ない」という性質を利用したコミュニケーションです。

In essence, it is communication that takes advantage of the nature of "when a message is thrown at you, you have no choice but to respond.

まあ、相手側にとっては、甚だ迷惑なコミュニケーションであることは ―― 潜水艦であろうが、コンピュータであろうが、そして行政手続であろうが ―― 共通していると思います。

Well, I think we can all agree that it's a very annoying communication for the other side -- whether it's a submarine, a computer, or an administrative procedure.

-----

"ping処理"の濫用形態が、電話やメールやSNSでのストーカー行為ですが、

Well, abusive forms of "pinging" is stalking through phone calls, emails, and social networking sites, however I think

『まあ、行政機関に対するストーカーなら、国民の権利だろう ―― 適正な運用の範囲であれば』

"Well, if I am stalking a government agency, it's our right -- as long as it's done properly."

と思っています。

-----

私の知る限り、国土交通省、厚生労働省は、電話で親切に対応してくれました。

As far as I know, the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism and the Ministry of Health, Labor and Welfare were kind enough to help me over the phone.

文部科学省は1回だけWebのコメント欄で質問したことがありますが、その時は、無視されました。

I had only asked a question to The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) in the comments section of the web once, but at that time, I was ignored.

さて、総務省は、どうかな?

Now, how will the Ministry of Internal Affairs and Communications respond?

2021/11,江端さんの忘備録

我が家のダイニングテーブルは、4人用なので、家族全員が着席できる ―― はずなのですが、

Our dining table is designed for four people, so the whole family can be seated, however,

感染予防用の2つのパーティションを購入後、そのパーティションに書類を貼りつけるようになり、

After purchasing two partitions for infection prevention, we started attaching documents to the partitions.

娘たちが、読書したり、スマホでアニメ見たり、レポート作成したり、製図を書いたり、リモート授業を受講したり、

My daughters are reading, watching cartoons on their phones, writing reports, drawing, taking remote classes, etc. on the table,

テーブルの上は、ノートパソコン、各種資料、請求書、書籍等が散乱している状態となっており、

with being cluttered with laptops, various documents, invoices, books, etc.

テーブルの定員は、今や『2名』が上限となっています。

The maximum number of people at a table is now just "two".

-----

先程、パンケーキとスクランブルエッグを作り、皿に盛って着席しようとしたのですが、すでに、嫁さんと次女によって、テーブル席が占拠されていました。

I had just made pancakes and scrambled eggs, put them on plates and was about to be seated, but the table was already occupied by my wife and second daughter.

仕方がないので、トレイに皿を置いて、

I had no choice but to put my plate on the tray.

『部屋で食べてくる』

"I'll eat in my room."

と言って、階段を上がり始めました。

I said, and started up the stairs.

次女:「二階席は、比較的、空席がございますーー」

Daughter: "The seats on the second floor are relatively empty.

私:「ないわ! 二階席のテーブル(私の机)も、プログラムリスト、参考資料と書籍で、満席だ!!」

I: "No! Even the upstairs table (my desk) is full, with program lists, reference materials and books!"

と、愚痴を言いつつ、自分の部屋に向かいました。

I complained and went to my room.