2022/01,江端さんの忘備録

最近、大学生になったばかりの次女はともかく、社会人になったばかりの長女の生活リズムが悪くなっているのを危惧しています。

Lately, I've been concerned that my junior daughter, who just started college, but my senior daughter, who just started working, is losing her rhythm of life.

具体的には、(1)食事を食べている場面を見ない、(2)いつ起きて寝ているのか分からない、(3)体調を崩していることが多いように見える、などなどです。

Specifically, (1) I don't see them eating, (2) I don't know when they wake up and go to bed, and (3) they seem to be sick a lot.

もちろん『女の子なんだから』―― などと言うビジョンは、私には1mmもありません。

Of course, I don't have the vision to say, "They are girls".

ひたすら『おい!コロナウイルスを自宅に持ち込むなよ!』の一択です。

I just want to say, "Hey! Don't bring the coronavirus into our house!"

まあ、どんなに注意していても、感染する時は感染すると、腹を括ってはいますが ―― 感染しない方がいいに決っています。

Well, no matter how careful we are, when you get infected, we get infected. However, it's always better not to get infected, of course.

-----

てなことを考えていたのですが、

I've been thinking about the above, however,

―― 私も社会人になりたての頃は、同じようなもんだったかなぁ

I wonder if I was the same way when I first started working.

と思い返しています。

いや、この話に比べれば、長女の方が、まだマシかもしれません。

Well, compared to this story, my senior daughter might be better off.

2022/01,江端さんの忘備録

以前、「意識高い系用語」について書きました。

I have written about "self-aware words".

うん、私も、こういうこと言う奴、嫌いだ。

これらの用語が、『聞き手に不快感を与えている』というのは事実だと思いますが、仕事で使わなければならない言葉というのは、結構、日常でも出てきてしまうものなのです。

I think it's true that these terms 'make the listener feel uncomfortable,' but the words we come to use in our office, come up in our daily lives.

-----

昨年度の年末、母の病院の転院の支援の為に、実家に帰省していました。

At the end of last year, I had gone back to my parents' home to support my mother's hospital transfer.

『頼むから、来ないでくれよ』と、1ヶ月前から祈っていた"モノ"が、その日に来てしまいました。

The thing that I had been praying for a month, "Please don't come," came that day.

―― 数年に一度と言われている寒波と降雪

"Cold wave and snowfall said to be once in several years"

前日、夜遅くまで庭の風景をチェックし続けていたのですが、当日、完全に積雪していました。

The day before, I kept checking the landscape of the garden late into the night, but on the day of the event, it was completely covered with snow.

母の移動は介護タクシーで行うのですが、転院元と転院先で膨大な書類の処理と入院の物資の移動の為に、私は前日からレンタカーを借りていました。

My mother's transportation would be done by a care cab, but I had rented a car the day before to handle the huge amount of paperwork and moving the hospital supplies both at the source hospital and destination hospital.

一応、汎用のチェーン持参していましたが、私は、雪の日の運転の恐しさを知っている人間です(一度、長女を殺しかけたことがありました)。

I had brought general-purpose tire chains, but I am someone who knows how scary it is to drive in the snow (I almost killed my oldest daughter once).

その雪を見た瞬間に、プランAから、プランB(鉄道による移動)の変更を決断しました。

The moment I saw the snow, I decided to change my plan from Plan A to Plan B (travel by train).

降雪によって、鉄道ダイヤもメチャクチャになっていたのですが、何とか間に合うことができました。

The snowfall had messed up the train schedule, but we managed to make it in time.

-----

転院先の病院で、母の転院用の物品の搬入の必要があって、それを看護師さんと相談していた時です。

At the hospital where I was transferred, I was discussing with a nurse about the delivery of items for my mother's transfer.

江端:「搬入に関しては、本日、私が車で持ち込めるか、あるいは後日、姉に持ってきて貰うか、これから『戦略』を考えてみます」

Ebata: "As for the delivery, I'm going to think of a 'strategy' to see if I can bring it in by car today or have my sister bring it in later."

看護師さん:「『戦略』ですか・・・」

Nurse: "'Strategy'..."

と、クスリと笑われてしまい、とても恥しくなりました。

She giggled, and I felt very embarrassed.

-----

私は軍人ではありませんが、民間の研究所でも(多分普通の会社でも)『戦略』というのは普通に口頭で使われる用語ですが ――

I'm not a military man, but even in civilian laboratories (and probably in ordinary companies) "strategy" is a term that is commonly used verbally.

これからは、十分に、気をつけたいと思います。

However, I will be very, very careful from now on, .

もし『ストラテジー(strategy)』などと口にしていたら、恥しくて死ぬところでした。

If I had said something like "strategy," I would have died of embarrassment.

2022/01,江端さんの忘備録

正月三が日を終えて、本日から仕事始めです。

After the three New Year's days, today is the first day of work.

今日の江端家は、私だけが在宅勤務で家にいる状態です。

Today in the Ebata household, I'm the only one who works from home.

年末に、母の転院支援の為に帰省したことを除いて、私が、この年末年始休暇で移動した範囲は、

Except for a trip back home to support my mother's transfer to the hospital at the end of the year, the extent of my travel during this vacation season was

(1)歩いて15分のところにあるスーパー銭湯の往復(1回のみ)

(1) Walking to and from a super public bath located 15 minutes away (only once)

(2)嫁さんと2人での近所の神社への初詣

(2) New Year's visit to a nearby shrine with my wife.

(3)運動不足解消用の町内歩行(4.5km) with watching ダウンロードしたNetFlixの映画 on iPad (毎日)

(3) Walking around town (4.5km) with watching downloaded NetFlix movies on my iPad (daily) to get rid of lack of exercise.

という、完璧なローカル行動を徹底していました。

This was a perfect example of local behavior.

でも、なんか「暇していた」という感じではなかったです ―― ずっと、パソコンの前で、論文とプログラム(Golang)と格闘していましたので。

But I didn't feel like I was "bored" -- I was in front of the computer all the time, struggling with papers and programs (Golang).

-----

今月から新シリーズを開始する予定です。

I am planning to start a new series this month.

テーマは、ずばり「『お金に愛されないエンジニア』のための新行動論」です。

The theme is "A New Theory of Action for 'Engineers Who are not be Loved by Money'".

本年度もよろしくお願い致します。

I look forward to working with you again this year.

2022/01,江端さんの忘備録

シルベスタ・スターローンさん主演の代表作に「ランボー」というものがあります。

One of the best movies starring Sylvester Stallone is called "Rambo".

ベトナム戦争の帰還兵が、本国で理不尽な差別を受けて、保安官達との戦闘や、州兵による追撃を受けて、最終的に逆襲に転じるという、バトルアクション映画です。

This is a battle-action film about a Vietnam War veteran who is unreasonably discriminated against in his home country, battles with sheriffs and pursued by the National Guard, and finally strikes back.

非常に重い米国の社会問題を扱った映画として、当時、日本国内でも、かなりヒットしました。

As a film dealing with a very serious social issue in the United States, it was quite a hit in Japan at the time.

このシリーズに「ランボー3/怒りのアフガン」があります。

In this series, there is "Rambo 3: The Angry in Afghan".

これは、当時、アフガニスタンに侵攻していたソ連(今のロシア)に対するレジスタンスであるムジャーヒディーン(「ジハードを遂行する者」の意味)を支援して、ランボーが、ソ連軍に対して闘いを挑む、という内容でした。

It was about Rambo supporting the Mujahideen (meaning "those who carry out jihad"), a resistance group against the Soviet Union (now Russia) that was invading Afghanistan at the time, and challenging them to fight against the Soviet army.

映画の中では「愛国心をもったゲリラがいる国は征服できない。我々はそれをベトナムで体験した」という台詞が登場します。

In the film, the line "A country with patriotic guerrillas cannot be conquered. We experienced it in Vietnam" appears in the film.

また、ラストに「この映画をすべてのアフガン戦士たちに捧げる」というテロップも登場します。

At the end of the film, there is a message that says, "This film is dedicated to all Afghan warriors

かなり乱暴に纏めると、映画「ランボー3/怒りのアフガン」は、「米国民のランボーが、アフガニスタンのタリバンを支援する映画」と言えます。

To sum it up quite roughly, the movie "Rambo 3" can be described as "a movie in which Rambo, an American citizen, supports the Taliban in Afghanistan.

今調べたところ、Amazon Primeでも、この映画を視聴できます。

I just checked, and you can also watch this movie on Amazon Prime.

どうやら、ランボーとタリバンをリンクさせるような、捻くれた視点を持つのは、私くらいのようです。

Apparently, I am the only one who has a twisted perspective that links Rambo to the Taliban.

-----

一方、現実の世界でも、ソ連軍はアフガニスタンから撤退しました。

Meanwhile, in the real world as well, Soviet troops have withdrawn from Afghanistan.

しかし、その結果、ムジャーヒディーン同士の対立から内戦となり、タリバンの台頭を招くことになりました。

However, the resulting conflict between the Mujahideen led to a civil war and the rise of the Taliban.

米国政府は、『以前に軍事支援した国家から、自国の安全保障を脅かされる』ということを繰返してきた国です。

The U.S. government is a country that has repeatedly had its security threatened by nations that it has previously supported militarily.

ベトナム戦争にしても、湾岸戦争にしても、米国が、その国に膨大に渡した兵器によって、自国の軍隊が攻撃される、というケースには、枚挙にいとまがありません。

Whether it is the Vietnam War or the Gulf War, there is no shortage of cases where the U.S. has been attacked by its own troops because of the huge amount of weapons it has given to that country.

そういう意味では、我が国は、政治的判断(特に自衛隊に関する)が遅いことから、こういう事態から、運よく免れてきた、と言えます。

In that sense, Japan has been fortunate to have avoided this kind of situation because of its slow political decision-making (especially regarding the Self-Defense Forces).

―― 日本は、先進国の中で、唯一、イスラム原理主義者によるテロを国内で実施されていない国じゃないかな?

"Isn't Japan the only developed country that hasn't had a domestic terrorist attack carried out by Islamic fundamentalists?"

なのかなと思い、で、ちょっと調べてみたのですが、

So, I did some research.

アメリカ→(当然)あり、フランス→あり、イギリス→あり、ドイツ→あり、イタリア→摘発あり、カナダ→あり(昨年6月)(*)

U.S.A. -> (naturally) yes, France -> yes, U.K. -> yes, Germany -> yes, Italy -> yes, Italy -> yes, Canada -> yes (last June)(*)

(*)出典:国際テロリズム要覧2021 | 公安調査庁、その他

(*)Source: International Terrorism Handbook 2021 | Public Security Intelligence Agency, etc.

という結果でした。

ただ、上記の30分程度のネットを使った調査が、「事実」として流布されていくのは怖いので、私が、誤解、誤記しているようでしたら、メールにてご指摘下さい。

However, I am afraid that my 30-minute research on the Internet above will be spread as "fact", so if I have misunderstood or misrepresented anything, please point it out to me by e-mail.

-----

以前、私、赤穂浪士事件(忠臣蔵)のことを、『地方武士の暴動』みたいなことを言って、嫁さんに叱られました。

My wife once scolded me for saying that the Ako Roshi incident (Chushingura) was like a "riot of local samurai.

それ以後、私は、こういう表現を思いついても、口にするのは自粛するようにしています。

Since then, I have tried to refrain from saying such expressions even if they come to my mind.

昨夜、NHKで、2004年に放映されていた、大河ドラマ「新選組!スペシャル」(総集編)を、ちょっとだけ見ていたのですが、

Last night, I was watching NHK's 2004 Taiga Drama "Shinsengumi! Special" (compilation), which was aired on NHK in 2004. and I thought,

―― 「新撰組」というのは、江戸幕府原理主義者によるタリバンのようなものだよな

""Shinsengumi" is like the Taliban of Edo Shogunate fundamentalists."

と思いました。

そもそも、権力機関(江戸幕府)の承認も得ずに、ただの私的な部局の判断だけで、殺害を実行する組織、という点では、タリバンよりも悪質である、と言えます。

In the first place, it is more vicious than the Taliban in that it is an organization that carries out killings based only on the judgment of a private department without the approval of the authority (Edo Shogunate).

新撰組は、幕府の解散命令に抵抗した者が徒党を組み、会津藩主・松平容保の私財で運営された私的な傭兵部隊(民間軍事会社:PMC(private military company)です。

The Shinsengumi was a private military company (PMC) that was formed by those who resisted the Shogunate's order to disband the group and was funded by the private fortune of the Aizu domain lord, Matsudaira Yoho.

そういう意味でいえば、

In that same sense,

―― 「るろうに剣心」も、薩摩、長州藩がやとったPMCの一員であり、稀有な能力を有するテロリスト

""Rurouni Kenshin" is also a member of the PMC taken over by the Satsuma and Choshu clans, a terrorist with rare abilities."

とも言えます。

-----

しかしながら ――

However,

■「新撰組」についての上記の解釈を口にすれば、嫁さんから口をきいて貰えなくなり、

If I mention the above interpretation of "Shinsengumi", my wife will stop talking to me.

■「るろうに剣心」についての上記の解釈を口にすれば、長女から口をきいて貰えなくなる

If I mention the above interpretation of "Rurouni Kenshin", my senior daughter will not be able to talk to me.

ことは『確実』なので、いらんことは言わないようにしています。

This is a sure thing. Hence, I won't say anything they don't want to hear

2022/01,江端さんの忘備録

2001年から使い続けてきた年賀状ソフトが、10年ほど前に販売が中止し、後継ソフトも会社も存在しません。

The New Year's card software that I have been using since 2001 was discontinued about 10 years ago, and there is no successor software or company.

これまでソフトを騙し続けながら使い続けていたのですが、流石に危機を感じて、昨年、WordとExcelを連携させた、年賀状宛名書システムを使いました。

I had been using the software deceitfully, but I felt that I was in danger, so last year, I built a New Year's card addressing system that linked Word and Excel.

問題は、

The problem is.

―― その使い方を忘れてしまって、現時点で、年賀状が発送できていないこと

"I forgot how to use it, so I haven't been able to send out any New Year's cards yet"

です。

新年早々、なんとも間抜けな話ですが、悪しからずご了承下さい。

This is a very dumb thing to say at the beginning of the New Year, but please accept my apologies.

-----

ちなみに、嫁さんは、古い年賀状ソフトの利用を続けています。

By the way, my wife continues to use the old New Year's card software.

新しいソフトを覚える気が、全くないようです。

She doesn't seem to be interested in learning new software at all.

しかし、印刷等は、私に丸投げされています。

However, she throws all the printing, etc. to me.

2022/01,江端さんの忘備録

昨年、ブリ1尾、ボイルの蟹を1kgを注文しました。

Last year, I ordered 1 yellowtail and 1kg of boiled crab.

一昨年の正月に、ブリを1kg購入して、正月中ずっとブリ刺身を食べていたのですが、これが思いの他、家族に好評でした。

The year before last, I bought 1kg of yellowtail and ate yellowtail sashimi all through the New Year, which was unexpectedly popular with my family.

ブリ1尾は、その3倍以上はあり、さすがに多すぎた様です。正月三が日中で食べきるのは無理だろうと思っていますが、ブリは使い道が多いので、あまり心配はしていません。

One yellowtail is more than three times as much as last year, which is indeed too much. I don't think we will be able to eat it all in the three days of the New Year, but I'm not too worried because yellowtail has many uses.

-----

YouTubeを見ながら、魚の捌き方を学んでいます。

I'm learning how to process fish by watching YouTube.

というか、最近は『動画を見ながら料理をする』ということが普通になりつつあります。

Or rather, 'cooking while watching a video' is becoming the norm these days.

おかげで、私も、調理で失敗することは、滅多にありません。

Thanks to this, I rarely make mistakes in cooking.

料理に関しては、「レシピ」に固執したサービスが低調となり、ほぼ「動画サービス」で定着しています。

In terms of cooking, services that stick to "recipes" have become sluggish, and have been mostly established as "video services".

料理が「親から子への伝承」(いわゆる「おふくろの味」)という形態は、もはや必要ないのかもしれません。

It may no longer be necessary for cooking to be "handed down from parent to child" (so-called "mother's cooking").

家庭料理であれば、『クラウドからダウンロード』で、特に困ることもありません。

For home cooking, "Download from the Cloud" will not cause any problems.

-----

今どき、「おふくろの味」などというものに拘る人がいるとも思えませんが、もし、拘りたい人がいれば、自から教えを請うて、自力でその技術を継承すべきでしょう。

I don't think there is anyone who cares about "mother's taste" nowadays, but if there is someone who wants to, he or she should ask for help and pass on the technique by himself or herself.

そこには、女も男も年齢も結婚も未婚も、一切関係ありません。

It has nothing to do with women or men, age, married or unmarried.

『利益を受けたい者が、汗をかく』―― それだけのことです。

"People who want to benefit will sweat" - that's all there is to it.

2021/12,江端さんの忘備録

私は、「NHKプラス」に加入していますので、パソコンでNHKの番組を見ることができます(受信料を払っていれば、タダです)。

I subscribe to "NHK Plus" so I can watch NHK programs on my computer (free of charge if you pay the subscription fee).

『NHKスペシャル「台湾海峡で何が~米中“新冷戦”と日本~」』は、1月2日まで、見ることができます。

NHK Special "What's Happening in the Taiwan Strait: The U.S.-China "New Cold War" and Japan" can be viewed until January 2.

興味のある人は、ご視聴下さい。

If you are interested, please watch.

-----

―― もの凄く面白く、そして、怖かった

"It was so interesting and scary"

台湾有事を想定した、日本国政府の対応のシミュレーションが、もの凄くリアルでした。

The simulation of the Japanese government's response to a possible Taiwanese emergency was very realistic.

ところで、「シミュレーション」というと、多くの人は、コンピュータシミュレーションをイメージすると思いますし、実際にWikiでも、そのように記載されていますが ―― これは正しくありません。

By the way, when we say "simulation", most people think it is computer simulation, and in fact, that is how it is described in the Wiki -- but this is not correct.

シミュレーションとは、『現実に行われていない物事について、想定する場面を再現して、その対応を試みること』です。

Simulation is "an attempt to recreate a hypothetical situation and respond to it in a way that has not been done in reality".

この番組でのシミュレーションは「台湾有事」でした。

The simulation in this program was "Taiwan Emergency".

安全保障関連の法律に携わった経験者や、自衛隊の元幹部、現職の国会議員などが、総理大臣、防衛大臣、官房長官の役になります。

People with experience in security-related legislation, former senior officers of the Self-Defense Forces, and current members of the Diet played the roles of the Prime Minister, Defense Minister, and Chief Cabinet Secretary.

自衛隊の元最高幹部が、湾有事の仮想シナリオを複数用意しておき、それを、状況にリアルタイムで届けて、その場で閣僚が協議して判断を行う、というものです。

The former top official of the Self-Defense Forces has prepared several hypothetical scenarios of a Taiwanese contingency, which were delivered to the situation in real time, and the cabinet members discussed and made decisions on the spot.

このシミュレーションの条件は(私の理解では)2つ

There are (as I understand it) two conditions for this simulation

(1)大原則として「対話をもって平和的に解決する外交」を堅持しつつも、有事の際には自衛権を発動すること

(1) While adhering to the principle of "diplomacy for peaceful resolution through dialogue," invoke the right of self-defense in the event of an emergency.

(2)ただし、武力発動、その他(住民の避難)は、全て現行の法律に基いて行われること

(2) However, the use of force and other actions (evacuation of residents) must be carried out in accordance with existing laws.

となっていました。

-----

シナリオの第1段は、「台湾で独立派の総統が誕生 → 中国軍による強襲揚陸訓練が開始 + 陸戦部隊も海岸部に結集」というものでした。

The first stage of the scenario was that an independent president would be born in Taiwan → Chinese forces would begin assault and landing drills + land troops would be assembled in the coastal areas.

さて、この段階で、日本国は何ができるか?

Now, at this stage, what can the Japanese nation do?

もし中国が米軍を攻撃すれば、日本は「集団的自衛権」によって戦闘状態に入れることになります。

If China attacks the U.S. military, Japan will be able to enter a combat situation through the "right of collective self-defense".

さて、ここで問題となるのは、どの時点で「集団的自衛権」の発動条件が整うのか? です。

Now, the question is, at what point do the conditions for triggering "collective self-defense" come into play?

米軍が戦闘準備に入った時? 米軍が攻撃を受けた時? 米軍が反撃を開始した時? 米軍が自衛隊に要請をしてきた時? と ―― 考えてみれば当然なのですが、これらの発動時間にはタイムラグがあります。

When the U.S. military prepares for battle? When U.S. forces are under attack? When the U.S. military launches a counterattack? When the US forces request the SDF? It is natural to think that there is a time lag between these activation times.

で、自衛隊としては「自衛隊を動かす為には時間が必要だから、「集団的自衛権」がどの段階で発動できるのかが、はっきりしていないと、米軍との共同作戦が意味をなさない」という、もっともな意見が出ています。

So, the SDF has a plausible argument that since time is needed to move the SDF, joint operations with the U.S. military will be meaningless unless it is clear at what stage the right of collective self-defense can be activated.

-----

私のような素人であれば、

As an amateur like me, I apt to think

―― 中国軍による軍事演習が開始された時点で、自衛隊を動かせばいいじゃん?

"Why don't they just move the Self-Defense Forces when the military exercises by the Chinese military start?"

と思ってしまいがちです。

しかし、自衛隊は法律に元づかないと動かすことができない組織なのです ―― いや、シビリアンコントロール下にある、法治国家は、すべてそういう運用がされていますけどね。

But the Self-Defense Forces is an organization that can only operate under the law -- well, all law-abiding nations under civilian control operate that way, though.

自衛隊は、我が国の国防が任務です。

The SDF is tasked with the defense of our country.

法律的には『台湾がどうなろうが知ったことか』というスタンスが、正解です。

From a legal standpoint, the correct stance is to say, 'I don't care what happens to Taiwan.

だって、台湾は、日本の軍事同盟国ではないのですから。

Because Taiwan is not a military ally of Japan.

『米軍』が絡んできて、そこで始めて『集団的自衛権』が発動するのだから、米軍が何もされていない段階では、自衛隊は、1mmも動けない、が、正論です ―― が、

Since the right of collective self-defense is activated only when "U.S. forces" are involved, the SDF cannot move even a millimeter when U.S. forces are not doing anything, however,

「そんな、集団的自衛権なんか、意味ないじゃんかー」というのが、現場の本音です。

The real feeling on the ground is that the right of collective self-defense is meaningless.

そして、この事例は、私たちの日常生活の常識とも一致しています。

And this case is also consistent with our common sense in our daily lives.

例えば、会社で、プロジェクトを行う場合、幹部の承認が下されるまでプロジェクトに着手していなかったら、プロジェクトは成り立ちません。

For example, in a company, if you are working on a project and you don't start working on it until it is approved by the executives, the project will not work.

「プロジェクトを動かせるギリギリの状態まで準備して、万全の状態で、承認を待機する」というのが、普通のプロジェクトの運用方法です。

The normal way of operating a project is to prepare the project until it is just about ready to move, and then wait for approval when it is ready.

これは、国会が無能だったということではないです。

This is not to say that the Diet was incompetent.

手段的自衛権のユースケースとしては、『朝鮮半島有事』と『ホルムズ海峡封鎖』で議論がされていました。

The use cases of the right of procedural self-defense were discussed in the "Korean Peninsula Emergency" and "Blockade of the Strait of Hormuz".

『台湾有事』は、その時、スコープに入っていなかったのです。

The "Taiwan contingency" was not in the scope at that time.

-----

シナリオの第2段は、「中国軍による与那国島周辺の海上封鎖 + 台湾本土への攻撃開始」でした。

The second stage of the scenario was the "blockade of the sea around Yonaguni Island by the Chinese military + launch of an attack on the Taiwanese mainland.

この段階で、米軍との共同作戦が可能になりますが、当然として、中国軍は、日本への本土攻撃も可能となります。

At this stage, joint operations with the U.S. military will become possible, and of course, the Chinese military will also be able to attack the Japanese mainland.

中国軍からの日本本土攻撃に対して、迎撃体制が完了していなければ、自衛隊は自衛の任務を果せないことになります。

The SDF will not be able to fulfill its mission of self-defense if it does not have a complete interception system in place against an attack from the Chinese military on the Japanese mainland.

さらには、住民を避難させるにも、法律の適用が必要なのですが、このような軍事攻撃に対して、自衛隊が住民避難を支援する法律が「ない」ことも分かりました。

Furthermore, they found out that there is "no law" to support the SDF in evacuating residents in response to such a military attack, even though the law must be applied to evacuate residents.

―― 災害救助法に元づいて避難させればいいじゃん?

"Why don't they just evacuate them based on the Disaster Relief Act?"

と、私と同じように、閣僚役の人も考えたようですが、これは、法解釈に無理がある、との意見も出ていました。

And, like me, some people in ministerial roles thought that this was an unreasonable interpretation of the law.

閣僚役の人が、法文集を開きながら、議論している様子は、非常に印象的でした。

It was very impressive to see a person playing the role of a cabinet minister, opening a collection of legal texts and discussing them.

『その感じ、分かるわー』と呟きながら、番組を見ていました。

I was watching the program, muttering, "I know that feeling".

-----

結論です。

Conclusion.

私、現在のプログラミング教育における「プログラム的思考(テキシコー)教育」のアプローチがさっぱり分からん、と、こちらに書きました。

I wrote here that I have no idea about the current approach to "programmatic thinking (tekishiko-) education" in programming education.

もしかしたら、その方法の一つは、このようなシミュレーションを使った教育かもしれない、と思っています。

Perhaps one of the ways to do this is through education using simulations like this one, I think.

ただ、この「シミュレーション教育」は、その題材を作ることや、状況を判断する方法(人かコンピュータ)が、難しいだろうな、とも、考えています。

However, I also think that this "simulation education" will be difficult to create the subject matter and the method (human or computer) to judge the situation.

2021/12,江端さんの忘備録

私、次女に、何度も「子宮頸がんワクチン」の接種に行くように促してきました。

I have repeatedly urged my daughter to go get the "cervical cancer vaccine".

子宮頸がんに罹患して、打つ手なく、死んでいく娘を看取ることになるくらいなら、この程度のこと屁でもありません。

しかし、次女は『忙しい』といってなかなか行こうとしません。

However, she has refused to go, saying she was busy.

-----

まあ、実際に忙しいのは、傍から見ていても明らかですが ―― 私も理系出身で、理系の激務には理解があります。

Well, it's obvious from the side that she is actually busy -- I also have a science background, and I understand the intense workload in the sciences.

しかし、大学の一回生から、レポート、実験、制作での忙しさを見ていると、私ですらドン引きという感じです。

However, observing how busy she have been with reports, experiments, and productions since her first year of college, even I feel like I'm losing my mind.

―― 最近の大学(理系)って、みんな、こんな感じなのか?

-- Are all universities (science courses) like this these days?

私が、本格的な激務の突入したのは、ゼミ(機器研:キケン)に籍を置いた三回生くらいからだったと思います。

I think it was in my third year of the seminar (instrumental research) that I really started to work hard.

まあ、私も大学在学中のどの時間を思い出しても「ヒマ」と思える時間を思い出せません。

Well, I can't remember any time during my college years that I can think of as "free time" either.

-----

とは言え、

However, I think

―― 『年間3000人の女性を殺害しているガン』の予防の決め手となるワクチン接種に、『忙しい』が理由になるか?

"Can 'busy' be a reason to vaccinate against a cancer that kills 3,000 women a year?"

とも、思っています。

「危機意識のなさ」に正直イライラしていますが、まあ、『親として、十分すぎる警告はしてきた』と言い切れますので、これ以上のことは言わないつもりです。

To be honest, I'm frustrated with my daughter's lack of awareness, but I can say that I've given her more than enough warnings as a parent, so I won't say anything more.

-----

とかやっている間に、厚生労働省が今月の23日に、「子宮頸がんワクチン」を無料で接種できる機会を設けることに決定したようです。

And while doing that, the Ministry of Health, Labor and Welfare has decided to offer the opportunity to get the "cervical cancer vaccine" for free on the 23rd of this month.

条件は、

The conditions are,

■16~24歳の女性(1997~2005年度生まれ)のみ

- Only for women aged 16-24 (born between 1997 and 2005)

■接種期間は、2022年4月から3年間のみ

- Vaccination period is only for 3 years from April 2022.

となっております。

これで、江端家が負担する5万円がなくなったのですが ―― 私としては、ラッキーとも思っていません。

This eliminates the 50,000 yen that the Ebata family will have to pay -- and as for me, I'm not feeling so lucky.

仮に、次女が『2022年4月までに接種する』と言い張ったら、私(江端家)は、お金(5万円)を支払います(本気)。

If my daughter insists that she will be vaccinated by April 2022, I (the Ebata family) will pay the money (50,000 yen) (seriously).

3ヶ月間のリスクは、5万円に見合うと思っています。

I believe that the risk for 3 months is worth 50,000 yen.

-----

「子宮頸がん」は、性交渉(SEX)によって発病します。

Cervical cancer is caused by sexual intercourse (sex).

性交渉の経験がある女性であれば、半数以上が生涯のうちに感染するといわれています(50%)。

It is estimated that more than half of all women who have ever had sex will become infected in their lifetime (50%).

そのうち10%が感染(5%)し、さらにその一部が「子宮頸がん」にまで進行します。

Ten percent of them are infected (5%), and some of them progress to "cervical cancer".

具体的に以下のような人は、現在子宮頸がん発症のリスクがあると考えられています。

Specifically, the following people are currently considered to be at risk of developing cervical cancer.

■多産

- Fecundity

■喫煙者

- Smokers

■経口避妊薬(ピル)の服用者

- People taking oral contraceptives (pills)

■性交相手が多い女性

- Women who have many sexual partners.

■初回性交年齢が若い女性

- Women with younger age at first sexual intercourse

■免疫機能が低下している女性

- Women with weakened immune systems

絶対的な意味において、このワクチンを接種する必要がない人は、『生涯、性交渉をしない』と決めた女性だけです。

In an absolute sense, the only people who don't need to get this vaccine are women who have decided to 'not have sex for the rest of their lives'.

-----

面倒くさいことは、この「子宮頸がんワクチン」に最も適した年齢が、性交渉を開始する前であり、現在の接種無料期間が、「小学校6年~高校1年」となっていることです。

The trouble is that the most appropriate age for this "cervical cancer vaccine" is before they start having sexual intercourse, and the current free vaccination period is "6th grade to 1st grade of high school.

つまり、保護者や教師は、ワクチン接種の前提である"SEX"のことを、少女たちに説明しなければならないのです。

This means that parents and teachers have to explain to the girls about "sex" as a prerequisite for vaccination.

学校でも、家庭でも、もっとフランクにSEXの話をすべきだと思います ―― どんなに恥しくても、辛くても、です。

I think we should talk more frankly about sex at school and at home -- no matter how embarrassing or painful it may be.

大人が『それ』を躊躇することによって、天秤にかけられているのは「少女たちの命」です。

It is the "lives of the girls" that are being weighed in the balance by the adults who hesitate to do "it".

2021/12,江端さんの忘備録

その国の教育システムの方針で、その国の国是が決まる ―― これは、間違いないと思います(別に、独裁国の専売というわけでもない)。

The policy of a country's education system determines the national policy of that country -- I'm pretty sure this is true (not that it's the exclusive business of dictatorships).

各国で歴史認識が異なるのは当然です。

It is natural for countries to have different historical perceptions.

もし、私が韓国で生まれたなら韓国の歴史が正当であると主張するし、中国で生まれたなら中国の歴史が正当であると主張するでしょう。

If I was born in Korea, I would argue that Korean history is legitimate, and if I was born in China, I would argue that Chinese history is legitimate.

「正しい歴史」というものはなく、「その国の主張する歴史」が、世界の国の数だけあるだけです。

There is no such thing as "correct history," only "the history that a country claims to have" as many countries as there are countries in the world.

その国にとって都合のよい歴史が採用されるのは、国益の観点から当然と言えます。

It is only natural from the perspective of national interest that the history that is convenient for the country is adopted.

それはさておき。

But that's beside the point.

-----

その国の教育システムの方針で、その国のデジタル化が決まる ―― これも、間違いないと思います。

The policy of a country's education system will determine the digitization of that country -- I am sure of this, too.

でまあ、こちらにも記載していますが、現在GIGAスクール構想にて最も使われている機材は、iPadです。

As mentioned here, iPad is currently the most used device in the GIGA School Initiative.

ですから、これから10年くらいの間、日本のタブレット文化はiPadで確定すると思います。

So, for the next 10 years or so, I think iPad will be the definitive tablet culture in Japan.

こうなると、LinuxだのAndroidだのと抵抗してきた私も、『日和る』必要があります。

At this point, even I, who have been resisting Linux and Android, need to "get with the times".

で、その第一歩として、今、新幹線の中で、iPadとワイヤレスのマウスとキーボーボで、文章を打ち込んでいます。

So, as a first step, I'm currently typing on the bullet train with my iPad, wireless mouse, and keyboard.

使い慣れたWindowsのノートPCも持ってきてはいるのですが、こういうものは(新幹線の中のような)不便な環境を強いられることで、履修できるものです。

I also brought my familiar Windows laptop, but I can learn a new system for me by being forced to use an inconvenient environment (like on the Shinkansen).

というか、これから社会で活躍する子どもたちが、iPadを使うのであれば、それに迎合していくことがシニアの運命です。

Or rather, if the children who will be active in society in the future use iPads, then it is the fate of seniors to pander to them.

使い慣れていないiPadでの文章作成はストレス溜まりますが、「迎合」とはそういうことです。

Writing on an unfamiliar iPad can be stressful for me, but that's what "pandering" is.

-----

私たちシニアは、子ども達に阿(おもね)て生きていくしかないんですよ。

We, seniors, have no choice but to live with our children.

私たちは、これまで、パソコンを使えないシニアを嗤ってきました。

We have always laughed at seniors who cannot use a computer.

今度は私たちが嗤われる番なのです。

It is our turn to be laughed at.

因果応報です。

It's cause and effect.

2021/12,江端さんの忘備録

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

 

踊るバズワード ~Behind the Buzzword(17)STEM教育(5)

課題満載のSTEM教育でも、コロナ下で起きていた教育現場のパラダイムシフト

The paradigm shift in the field of education, even in STEM education under Corona disaster.

 

-----

私が、日本のIT後進国化に猛烈な危機感を抱いているのは、私がITのエンジニア兼研究者だからだと思います。

I have a fierce sense of urgency about Japan's IT backwardness because I am an IT engineer and researcher.

多分、医療関係の人は、日本の医療後進国化に恐怖を抱いているだろうし、経済関係の人は、日本の財政危機に狂わんばかりに危惧しているのだと思います。

Perhaps people in the medical field are terrified of Japan medical backward, and people in the economic field are madly worried about Japan's financial crisis.

同じように、司法関係の人は、『高度な政治的判断』で逃げ続ける裁判所に憂いていると思いますし、立法関係の人は、『憲法第9条改正が進まない』状況に絶望的な日本の未来を見ているのだと感じます。

In the same way, I think people in the judiciary are worried about the courts that keep running away with "highly political decisions," and people in the legislature see a hopeless future for Japan in the situation of "no progress in revising Article 9 of the Constitution.

教育関係の人は、現在の教育現場の荒廃「いじめ」から「わいせつ教師」に至るまで、心を痛めていると思います。

I think people in the education field are heartbroken by the current devastation in the education field, from "bullying" to "indecent teachers".

そして、軍事関係の人は、本当に心の底から『日本を核武装しなければならない』と思っているかもしれません。

And people in the SDF may really believe deep down that 'Japan must be nuked.

で、それ以外の人は、多分、こう思っている。

And the rest of the people above are probably thinking like that

―― 考えすぎじゃね?

"They're overthinking"

と。

-----

私、冷戦時代のまっただ中を生きた人間だと思うのですが、結局、第三次世界世界大戦は、発生しませんでした。

I think I lived in the middle of the Cold War era, but in the end, World War III did not occur.

私の知る限り、ソ連の自壊的崩壊を予想した人は、一人もいませんでした。

As far as I know, not a single person predicted the self-destructive collapse of the Soviet Union.

ソ連の日本侵略を強く主張していた人は、未だに、自分の予測が外れたことを、きちんと総括していません。

People who strongly advocated the Soviet invasion of Japan have yet to properly sum up the fact that their predictions were wrong.

-----

と言う訳で、結論として、

So, in conclusion.

(1)私が何をどう心配しようとも『なるようにしかならない』ということ、

(1) That no matter what I worry about, 'what will be will be'.

(2)世の中は、時間さえ経過すれば『何とかなることが多い』ということ、

(2) That there are many things in the world that can be done, if only time would pass.

(3)危機を煽る奴は、大抵の場合、無責任な奴である、ということ

(3) That people who agitate for a crisis are usually irresponsible.

とは言えるのではないかと思います。

I guess I can say that.

-----

なので、STEM教育、プログラミング教育についても、多分『なるようにしかなない』で、多分『何とかなる』のだろうと思っています。

Therefore, I believe that STEM education and programming education will probably be "what will be," and that we will probably be able to "work it out".

結局、『なんとかなる』と思っていた人が、もっとも気楽な人生を送ることになる、という事実は ―― なんとも業腹ではあるのですが。

In the end, people who think "work it out eventually" can live the most carefree life, even if it makes me feel angry.